試乗記ニュースまとめ | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

試乗記に関するニュースまとめ一覧

【試乗記】アルファロメオ ステルヴィオ、SUV界屈指のコーナリングマシン!舌を巻いた…岡本幸一郎 画像
自動車

【試乗記】アルファロメオ ステルヴィオ、SUV界屈指のコーナリングマシン!舌を巻いた…岡本幸一郎

ドイツ勢の強い日本市場において、その他の輸入車ブランドは、あえて選ばれる“何か”を持っていないと、なかなか目を向けてもらえないように思うのだが、アルファ ロメオ初のSUVとなるステルヴィオは、まさしくそれを持っていた。

【試乗記】トヨタ カローラスポーツ、この乗りやすさは疑う余地なく「正解」である…岩貞るみこ 画像
自動車

【試乗記】トヨタ カローラスポーツ、この乗りやすさは疑う余地なく「正解」である…岩貞るみこ

あらー、乗りやすい。これが最初に出てきた言葉である。しっかりしていて、気負うことなく、ふつーに乗れる。「ふつう」ではなく、「ふつー」。

【試乗記】スバル フォレスター、パッと乗って安心して操れるレベルが高くなった…竹岡圭 画像
自動車

【試乗記】スバル フォレスター、パッと乗って安心して操れるレベルが高くなった…竹岡圭

SUBARU(スバル)『フォレスター』には特別な思い入れがあるんです。なんたって3代目フォレスターを駆って、ラリーレイドモンゴルに参戦してますからね~。初ラリーレイドで完走できたのは、フォレスターの信頼性の高さがあったからだと、今でも思っています。

【試乗記】スバル フォレスター、e-BOXERはもっとパワフルでもいい…中村孝仁 画像
自動車

【試乗記】スバル フォレスター、e-BOXERはもっとパワフルでもいい…中村孝仁

消費税込みの価格が309万9600円。新しいスバル『フォレスター』のトップグレード、「アドバンス」の価格である。このクルマ、2リットルのボクサーエンジンにモーターを加えた、いわゆるマイルドハイブリッドで、その名も「e-BOXER」という。

【試乗記】ボルボ XC60 ディーゼル、乗るたびに熟成度が上がっているのを感じる…諸星陽一 画像
自動車

【試乗記】ボルボ XC60 ディーゼル、乗るたびに熟成度が上がっているのを感じる…諸星陽一

ボルボの大ヒットモデルである『XC60』にディーゼルエンジンを搭載、フルタイム4WDの駆動方式を採用する「XC60 D4 AWD」が登場した。

【試乗記】MINI クーパーS コンバーチブル、こ奴...猪口才にも実にスムーズに走る!中村孝仁 画像
自動車

【試乗記】MINI クーパーS コンバーチブル、こ奴...猪口才にも実にスムーズに走る!中村孝仁

『MINI(ミニ)』の核となる3/5ドアモデル及びコンバーチブルに7速DCTが採用された。同じ7速DCTは実はすでにBMW『X1』にも採用されている。

【試乗記】スバル フォレスター、開発陣の意気込みと「いいもの感」…工藤貴宏 画像
自動車

【試乗記】スバル フォレスター、開発陣の意気込みと「いいもの感」…工藤貴宏

SUBARU(スバル)『フォレスター』の素晴らしさは、走る環境を選ばないオールラウンド性だ。オンロードでのハンドリングに優れて重心の高いSUVとは思えないほど気持ちよく峠道を走れるいっぽう、人がマトモに歩けないような悪路だって涼しい顔をして走れてしまう。

【試乗記】ボルボ XC40、ムードに反して大人びた乗り味…島崎七生人 画像
自動車

【試乗記】ボルボ XC40、ムードに反して大人びた乗り味…島崎七生人

新開発のCMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)をベースに生まれたボルボ初のコンパクトSUV。販売の現場で相当な人気らしく、“スマボ”なる、『XC40』の納車まで別の新車に乗れるキャンペーンが打ち出されたほど。

【試乗記】マツダ CX-3 、これからオーナーになる人には「待ってました!」の仕上がり…島崎七生人 画像
自動車

【試乗記】マツダ CX-3 、これからオーナーになる人には「待ってました!」の仕上がり…島崎七生人

登場から3年3か月、4度目(!)の商品改良。最新技術、設計をタイムリーに投入するのが最近のマツダ車の方針だそうだが、これからオーナーになりたい…そう考えていた人には、待ってました!の仕上がりぶりに思えた。

【試乗記】メルセデスAMG GLC43クーペ 、もはや「ハイハイ、あんたは凄いよ」としか言えない…中村孝仁 画像
自動車

【試乗記】メルセデスAMG GLC43クーペ 、もはや「ハイハイ、あんたは凄いよ」としか言えない…中村孝仁

『GLC』と呼ばれるCクラスをベースとしたクロスオーバーSUVが、日本市場では2016年から展開されている。

【試乗記】メルセデスベンツ Gクラス、快適さだけがクルマの面白さじゃない…齋藤聡 画像
自動車

【試乗記】メルセデスベンツ Gクラス、快適さだけがクルマの面白さじゃない…齋藤聡

ゲレンデヴァーゲンは、いまや古き良きクルマの味わいを残す数少ないクルマの1台だ。なにしろ『Gクラス』がデビューしたのは1979年。1989年に1度大きめのマイナーチェンジを行ったものの、39年間基本レイアウトを変えることなく作り続けられてきたのだ。

【試乗記】マツダ CX-3、本当に罪作りなマツダである…岩貞るみこ 画像
自動車

【試乗記】マツダ CX-3、本当に罪作りなマツダである…岩貞るみこ

昨秋、ガソリンエンジンが追加されたばかりだというのに、早くもマイナーチェンジが施された『CX-3』である。いったいどのタイミングで買えばいいのだとユーザーは迷うところだろう。本当に罪作りなマツダである。

【試乗記】ルノー メガーヌGT、4WSからしてすでに尖っている…中村孝仁 画像
自動車

【試乗記】ルノー メガーヌGT、4WSからしてすでに尖っている…中村孝仁

とかく尖がったイメージの強い日本におけるルノーというブランドイメージ。勿論好対照の『カングー』なんていうクルマもあるし、『トゥインゴ』だって存在するが、イメージとしては個人的には尖がっているわけである。

【試乗記】三菱 エクリプスクロス、「C-HR」との決定的な差は...開放感と室内の広さ…丸山誠 画像
自動車

【試乗記】三菱 エクリプスクロス、「C-HR」との決定的な差は...開放感と室内の広さ…丸山誠

『エクリプスクロス』は、三菱にとって久々の新型車ということでかなり力が入っている。説明によるとクロスオーバーSUVラインアップに新たに加わったコンパクトモデルだという。

【試乗記】マツダ CX-3、旧1.5Lオーナーはショック? 1.8Lディーゼルの大きな進化とは…丸山誠 画像
自動車

【試乗記】マツダ CX-3、旧1.5Lオーナーはショック? 1.8Lディーゼルの大きな進化とは…丸山誠

登場時は1.5リットルのクリーンディーゼルのみを搭載するコンパクトSUVとして注目を集めた『CX-3』。今回のマイナーチェンジを知ったSKYACTIV-D 1.5(以下D1.5)のオーナーは、かなりの衝撃を受けたはずだ。

【試乗記】メルセデスベンツ Eクラスカブリオレ、4名で快適なオープンカー!が謳い文句だけど…岩貞るみこ 画像
自動車

【試乗記】メルセデスベンツ Eクラスカブリオレ、4名で快適なオープンカー!が謳い文句だけど…岩貞るみこ

オープンカーは、後席のほうが楽しい。運転席(前席)にいると見える景色は、屋根があろうとなかろうとそれほど変わらないのだ。けれど、後席は違う。目の前の景色が断然違う。

    1 2 3 4 > 次
Page 1 of 4
Нашел в интернете популярный web-сайт с информацией про топ самых богатых людей мира.
что такое внутренняя оптимизация сайта

www.xn----7sbajornvhu8c.com.ua/%D0%BE%D1%85%D1%80%D0%B0%D0%BD%D0%B0-%D0%BA%D0%BE%D1%82%D1%82%D0%B5%D0%B4%D0%B6%D0%B5%D0%B9/
page top