BMW7シリーズ次期型、650馬力オーバーの「i7」設定の噂! | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

BMW7シリーズ次期型、650馬力オーバーの「i7」設定の噂!

BMWはフラッグシップ・4ドアセダン、『7シリーズ』次期型においてICE(ガソリンエンジン)をはじめ、プラグインハイブリッドやフルEVなど電動化を加速させる可能性があることがわかった。

自動車 新車スクープ
BMW 7シリーズ 現行型
  • BMW 7シリーズ 現行型
  • BMW 7シリーズ 現行型
  • BMW 7シリーズ 現行型
  • BMW 7シリーズ 現行型
BMWはフラッグシップ・4ドアセダン、『7シリーズ』次期型においてICE(ガソリンエンジン)をはじめ、プラグインハイブリッドやフルEVなど電動化を加速させる可能性があることがわかった。

BMW専門情報サイト「BMW blog」によると、ガソリンエンジン、EVの両方に対応する第5世代プラットフォームを採用することにより実現するものとしている。また車名には『i7』が有力だという。同社電動モデルの象徴である「i」に既存モデルの車名を合わせて統一させる手法は、メルセデスベンツの「EQ」+既存モデルの車名(EQAなど)と同じだ。

i7には、2つのバッテリーパックが用意されるといい、1つは『i4』や『iNEXT』と共有する80kWh、もう1つは120kWhユニットで、最高出力650ps以上、航続距離は驚異の434マイル(700km)を可能にし、駆動方式は全輪駆動が噂されている。

7シリーズ次期型のワールドプレミアは2021年後半、発売は2022年前半と予想されており、i7は2022年から2023年に登場が期待できるという。
《Gept-tw.info 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top