目立ちすぎるフルヌード...BMW最小グランクーペ新型が公開直前か!? | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

目立ちすぎるフルヌード...BMW最小グランクーペ新型が公開直前か!?

BMW『2シリーズ』ファミリーに新たに加わる、BMW最小の4ドアクーペ『2シリーズグランクーペ』のプロトタイプをスクープサイトGept-tw.infoのカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
BMW『2シリーズ』ファミリーに新たに加わる、BMW最小の4ドアクーペ『2シリーズグランクーペ』のプロトタイプをスクープサイトGept-tw.infoのカメラが捉えた。

これまでハッチゲートを持つグランクーペは、『4シリーズ』『6シリーズ』そして『8シリーズ』に設定されていた。最小の2シリーズグランクーペが加わることで、SUVを含めたほぼ全サイズに4ドアクーペが出揃うことになる。

紫色のド派手なカモフラージュに身を包んだ最新のプロトタイプからは、ヘッドライト形状、メッシュグリル、バンパーエアインテーク、テールライトのアウトラインのデザインまで確認できる。ほぼフルヌードと言っても良い状態だ。

ただし注意すべきは、これが通常の2シリーズグランクーペではないことだ。わずかにローダウンされたボディにMロゴのブルーブレーキキャリパーを装着、『M135i 5ドアハッチバック』同様のグリルパターン、アグレッシブなコーナーエアインテーク、スクエア基調のツインエキゾーストパイプが装備されていることから、高性能バージョンの『M235i』と見て間違いない。

ド派ボディのフロンドドアには、QRコードがプリントされ、アクセスすると2シリーズグランクーペ専用ページにたどり着く。そこには「TAKE A FIRST GLANCE AT THE ALL-NEW 2 SERIES GRAN COUPE FROM 24th OF JULY ON THIS PAGE」のメッセージがあり、7月24日には大きな進展が見られそうだ。

しかし、BMWは2シリーズグランクーペの公開を2019年11月と公式発表、発売を2020年の春としていた。この段階での発表が何を意味するのか…ぜひスマホから読み取ってみて欲しい。

2シリーズグランクーペは、『2シリーズグランツアラー』やSUVの『X2』から流用される「UKL2」プラットフォームが採用され、駆動方式がFRからFFへ変更される。パワートレインは、最高出力142psを発揮する1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジン、最高出力150psを発揮する2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジン、今回捉えたM235iには、最高出力306ps、最大トルク450Nmを発揮する、2リットル直列4気筒ターボを搭載し、0-100km/h加速は4.8秒が加速力が予想される。また遅れて1.5リットル直列3気筒ターボ+電気モーターのプラグインハイブリットも期待できそうだという。

BMW 2シリーズグランクーペ 公開直前か!? 目立ちすぎるプロトタイプの謎

《Gept-tw.info編集部@レスポンス》

関連記事

  • トヨタ ヤリス「GRMN」か?ニュルを駆け抜けるプロトタイプの正体は
  • トヨタエンブレムはナシ、C-HR がコワモテに変身…ローウェン
  • レクサス IS 次期型はこんなにスタイリッシュ!新ダウンサイジングターボ搭載で2021年デビューか

編集部おすすめの記事

特集

page top