初のPHVも設定か...ロールスロイス ゴースト次期型、最新鋭デジタルコックピットを激写! | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

初のPHVも設定か...ロールスロイス ゴースト次期型、最新鋭デジタルコックピットを激写!

ロールスロイスの高級4ドアセダン『ゴースト』次期型の最新プロトタイプを捉えた。さらに、その室内を初めて撮影することに成功した。

自動車 新車スクープ
ロールスロイス ゴースト 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ロールスロイス ゴースト 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ロールスロイス ゴースト 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ロールスロイス ゴースト 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ロールスロイス ゴースト 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ロールスロイス ゴースト 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ロールスロイス ゴースト 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ロールスロイス ゴースト 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ロールスロイス ゴースト 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
ロールスロイスの高級4ドアセダン『ゴースト』次期型の最新プロトタイプを捉えた。さらに、その室内を初めて撮影することに成功した。

2009年4月、上海モーターショーでデビューしたゴーストは、兄貴分の『ファントム』より一回りコンパクトなボディを特徴とし、日本でも同年から販売されている。新型は11年ぶりのフルモデルチェンジとなり、第2世代へと進化を遂げる。

センターコンソールとダッシュボード下部は現行モデルと似ているが、ファントムやクロスオーバーSUV『カリナン』にインスパイアされたデザインが見てとれる。中央のワイドスクリーンはメルセデスベンツを彷彿させ、タッチスクリーンの可能性もある。ディスプレイ右の時計はアナログとみられる。

次期型では、アルミスペースプラットフォームにより、軽量化を図りつつ、剛性や静音性が向上するだろう。またルーフエンドからトランクリッドまで滑らかなシルエットを持つクーペテイストのボディシルエットとなる。ヘッドライト、バンパー、テールライトのデザインも刷新される。

パワートレインは、最高出力563psを発揮する6.75リットルV型12気筒ツインターボエンジンが最有力で、8速ATと組み合わされる。駆動方式は、オプションで全輪駆動が用意されるだろう。またプラグインハイブリッドが初めて設定される可能性も高い。

次期型のワールドプレミアは2020年内。一部の開発や検証プログラミングはミュンヘンのBMW施設で行われ、英国ウェスト・サセックス州・グッドウッドにある本社で製造される。

ロールスロイス ゴースト に初のPHEVか…次期型のインテリアをスクープ

《Gept-tw.info編集部@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top