BMW新ブランド第一弾、「iX3」開発順調...最新プロトタイプをキャッチ! | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

BMW新ブランド第一弾、「iX3」開発順調...最新プロトタイプをキャッチ!

BMW初のEVクロスオーバーSUV、『iX3』最新の開発車輌をスカンジナビアでカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
BMW新ブランド第一弾、「iX3」開発順調...最新プロトタイプをキャッチ!
  • BMW新ブランド第一弾、「iX3」開発順調...最新プロトタイプをキャッチ!
  • BMW新ブランド第一弾、「iX3」開発順調...最新プロトタイプをキャッチ!
  • BMW新ブランド第一弾、「iX3」開発順調...最新プロトタイプをキャッチ!
  • BMW新ブランド第一弾、「iX3」開発順調...最新プロトタイプをキャッチ!
  • BMW新ブランド第一弾、「iX3」開発順調...最新プロトタイプをキャッチ!
  • BMW新ブランド第一弾、「iX3」開発順調...最新プロトタイプをキャッチ!
  • BMW新ブランド第一弾、「iX3」開発順調...最新プロトタイプをキャッチ!
  • BMW新ブランド第一弾、「iX3」開発順調...最新プロトタイプをキャッチ!
BMW初のEVクロスオーバーSUV、『iX3』最新の開発車輌をスカンジナビアでカメラが捉えた。

「iX」は電気クロスオーバーSUVを揃えるBMWの新ブランドで、「iX1」から「iX9」まで商標登録されていることが発覚している。最新のプロトタイプでもカモフラージュに変化は見られず、『X3』と異なる専用のキドニーグリル、バンパーを装備、エキゾーストパイプを持たないエクステリアが見てとれる。

フロントエンドは、昨年4月の北京モータショーで公開された『コンセプトiX3』から継承されるスタイリッシュなデザインが予想されている。またキャビン内では、EVモデル特有のインフォテイメントディスプレイを装備し、「X3」と差別化が図られる可能性があるだろう。

パワーユニットには、サムソン製の容量70kWhバッテリーを搭載し、最高出力270psを発揮する。150kWの急速充電器により、約30分でフル充電が完了し、航続距離は400km程度となるだろう。

ワールドプレミアは、2019年秋以降が有力だ。
《Gept-tw.info 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top