メルセデス製パーツ多用!アストンマーティン初のSUV、『DBX』コックピットを激写! | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

メルセデス製パーツ多用!アストンマーティン初のSUV、『DBX』コックピットを激写!

アストンマーティンは、ブランド初となるクロスオーバーSUV『DBX』を開発中だ。プロトタイプの外観は公開されているが、今回スクープサイト『Gept-tw.info』では、未公開のコックピットを撮影することに成功した。

自動車 新車スクープ
アストンマーティン DBX 開発車両 スクープ写真。メルセデス製と思われるパーツが随所に見られる
  • アストンマーティン DBX 開発車両 スクープ写真。メルセデス製と思われるパーツが随所に見られる
  • アストンマーティン DBX 開発車両 スクープ写真
  • アストンマーティン DBX 開発車両 スクープ写真
  • アストンマーティン DBX 開発車両 スクープ写真
  • アストンマーティン DBX 開発車両 スクープ写真
  • アストンマーティン DBX 開発車両 スクープ写真
  • アストンマーティン DBX 開発車両 スクープ写真
  • アストンマーティン DBX 開発車両 スクープ写真
アストンマーティンは、ブランド初となるクロスオーバーSUV『DBX』を開発中だ。プロトタイプの外観は公開されているが、今回スクープサイト『Gept-tw.info』では、未公開のコックピットを撮影することに成功した。

捉えた室内には、パートナーであるメルセデスベンツと共有するコンポーネントが見られる。エアバックが除かれたステアリングホイール、MBUXインフォテインメントシステムのメニューが表示されているように見える大型ディスプレイなどがそれだ。またギアシフター周りのボタンや、センターコンソール外側にある電動シートボタンもメルセデスベンツから流用されているようだ。

エクステリアでは、グリル、ヘッドライト、フロントバンパー、フラッシュマウント・ドアハンドル、ルーフスポイラーを備える独特なデザインのテールゲート、デュアルエキゾーストパイプなどが確認できる。

パワートレインは、メルセデスベンツ製4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを、アストンマーティンがチューン。最高出力は510ps、最大トルク685Nmを発揮し、8速ATと組み合わされると予想される。また高性能なハイブリッドモデルの設定も噂されており、駆動方式は全輪駆動システムとなる。

アストンマーティンは、2020年から英国ウェールズ州セント・アサンに建設中の新工場で、DBXの量産を開始すると発表している。

メルセデス製パーツ随所に…アストンマーティン初のSUV『DBX』コックピットを激写

《Gept-tw.info編集部@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top