ポルシェ 718ケイマンGT4クラブスポーツ 発売!天然繊維製ボディパーツ採用のレーサー | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

ポルシェ 718ケイマンGT4クラブスポーツ 発売!天然繊維製ボディパーツ採用のレーサー

ポルシェジャパンは、最新『ケイマン』をベースに開発したレーシングカー『718ケイマンGT4クラブスポーツ』を発売する。

自動車 ニューモデル
ポルシェ 718ケイマンGT4クラブスポーツ
  • ポルシェ 718ケイマンGT4クラブスポーツ
  • ポルシェ 718ケイマンGT4クラブスポーツ
  • ポルシェ 718ケイマンGT4クラブスポーツ
  • ポルシェ 718ケイマンGT4クラブスポーツ
  • ポルシェ 718ケイマンGT4クラブスポーツ
  • ポルシェ 718ケイマンGT4クラブスポーツ
  • ポルシェ 718ケイマンGT4クラブスポーツ
  • ポルシェ 718ケイマンGT4クラブスポーツ
ポルシェジャパンは、最新『ケイマン』をベースに開発したレーシングカー『718ケイマンGT4クラブスポーツ』を発売する。

同車は、2015年に発表した『ケイマンGT4クラブスポーツ』の後継モデル。新シリーズ「ポルシェスプリントチャレンジジャパン(PSCJ)」への参戦を前提とした「コンペティション」モデル、ブランパンGTシリーズのFIA GT4カテゴリー等に参戦するための「FIA GT4モデル」の2バージョンを用意する。

718ケイマンGT4クラブスポーツは、天然繊維コンポジット製のボディパーツを採用した初のプロダクションレーシングカー。運転席および助手席ドアとリアウイングは、主に亜麻や麻の繊維などの農業副産物から供給される有機繊維の混合物で造られており、重量と剛性に関してカーボンファイバーと同等の特性を備える。

3.8リットル水平対向6気筒エンジンは、先代モデルを40ps上回る最高出力425psを発生。6速DCTと機械式リアディファレンシャルロックを介して後輪に伝える。フロントには911 GT3カップ用の軽量なマクファーソン式ストラットサスペンションを採用し、レーシングブレーキシステムは、大径380mmのスチール製ディスクを装着。ロールケージ、レーシングバケットシート、6点式シートベルトを備え、車重は1320kgに抑えている。

コンペティションモデルは、ショックアブソーバーを3段階で調整可能。長距離レースに適した115リットルの安全燃料タンクのほか、エアジャッキシステムや自動消火システム、911 GT3 Rから採用されたクイックリリースレーシングステアリングホイールも装備する。

FIA GT4モデルには、SRO規格に準拠したダンパーやカーボンファイバー製のボディパネルを採用するなど、ブランパンGT等の耐久レースにてパフォーマンスを発揮するための仕様となっている。

価格はコンペティションモデルが2361万9600円、FIA GT4モデルが2714万0400円。

なお、日本国内における718ケイマンGT4 クラブスポーツコンペティションモデルの購入者にはPSCJへのエントリーが義務付けられている。718ケイマンGT4クラブスポーツコンペティションモデルでのPSCJ参戦は第5戦(富士スピードウェイ)からの予定となる。

ポルシェ 718ケイマンGT4クラブスポーツ 発売、天然繊維製ボディパーツ採用のレーシングカー

《纐纈敏也@[email protected]レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top