三菱 ASX が「ダイナミックシールド」顔に!日本のRVRはとうなる?…ジュネーブモーターショー2019[特集写真] | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

三菱 ASX が「ダイナミックシールド」顔に!日本のRVRはとうなる?…ジュネーブモーターショー2019[特集写真]

三菱『ASX』(日本名:RVRに相当)は現行のラインアップでは、3番目に販売台数の多い世界戦略車だ。ワールドプレミアとなった2020年モデルでは、「ダイナミックシールド」コンセプトをとり入れた新デザインを採用したのが目玉。

自動車 ニューモデル
三菱 ASX 2020年モデル(ジュネーブモーターショー2019)
  • 三菱 ASX 2020年モデル(ジュネーブモーターショー2019)
  • 三菱 ASX 2020年モデル(ジュネーブモーターショー2019)
  • 三菱 ASX 2020年モデル(ジュネーブモーターショー2019)
  • 三菱 ASX 2020年モデル(ジュネーブモーターショー2019)
  • 三菱 ASX 2020年モデル(ジュネーブモーターショー2019)
  • 三菱 ASX 2020年モデル(ジュネーブモーターショー2019)
  • 三菱 ASX 2020年モデル(ジュネーブモーターショー2019)
  • 三菱 ASX 2020年モデル(ジュネーブモーターショー2019)
三菱『ASX』(日本名:RVRに相当)は現行のラインアップでは、3番目に販売台数の多い世界戦略車だ。ワールドプレミアとなった2020年モデルでは、「ダイナミックシールド」コンセプトをとり入れた新デザインを採用したのが目玉。

エクステリアのデザインコンセプトは、「Impact and Impulse」。タフさに加えて、洗練された独創的なデザインにより強いインパクトを与え、新しい何かにチャレンジしたいドライバーの衝動を掻き立てるデザインを目指したという。

フロントは、具体的には、左右から中央に向かって包み込むバンパーのプロテクト形状とフロントグリル部を、水平・垂直基調のスクエアなラインで構成。バンパー下部をスキッドプレート形状とすることで、力強さや堅牢さを表現した。また、フードに厚みを持たせたことにより、存在感を高めたフロントフェイスを狙う。

リアは、ウインカー以外のコンビネーションランプをLEDとし、車幅いっぱいに広がる水平基調の特徴的でシャープなテールランプとすることで、ワイド感を強調。また、バンパー下部をスキッドプレート形状として、さらなる力強さを表現している。

パワートレインは新たに欧州向けとして、2.0リットル直列4気筒ガソリン「MIVEC」エンジンを搭載した。5速MT、または6速スポーツモード付CVTを組み合わせる。駆動方式は、2WDと4WDを設定し、動力性能と環境性能をバランスさせた。

三菱 ASX も「ダイナミックシールド」顔に、日本のRVRは?…ジュネーブモーターショー2019[詳細画像]

《ショーカーライブラリー@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top