ID.の波が2輪にも...VWが電動スクーターコンセプト『ストリートメイト』を初披露! | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

ID.の波が2輪にも...VWが電動スクーターコンセプト『ストリートメイト』を初披露!

◆自転車のようなデザイン。最大出力2kWの小型モーターで最高速45km/h ◆35kmの航続は自宅から職場までの通勤を想定。充電は2時間15分 ◆スマホがキー代わり。5.3インチディスプレイをスマホに接続すればナビとして使える

話題 企業
フォルクスワーゲン・ストリートメイト(ジュネーブモーターショー2019) (c) Getty Images
  • フォルクスワーゲン・ストリートメイト(ジュネーブモーターショー2019) (c) Getty Images
  • フォルクスワーゲン・ストリートメイト
  • フォルクスワーゲン・ストリートメイト
  • フォルクスワーゲン・ストリートメイト
  • フォルクスワーゲン・ストリートメイト
  • フォルクスワーゲン・ストリートメイト
  • フォルクスワーゲン・ストリートメイト
  • フォルクスワーゲン・ストリートメイト
フォルクスワーゲンは3月5日、スイス開幕したジュネーブモーターショー2019において、電動スクーターコンセプト、『ストリートメイト』(Volkswagen Streetmate) を初公開した。

フォルクスワーゲンは、電動モビリティを推進している。次世代EVの『ID.』ファミリーが、その代表だ。この電動モビリティの拡大の一環として開発しているのが、電動スクーターとなる。

ストリートメイトは、中距離移動に適した電動スクーターコンセプトだ。フォルクスワーゲンによると、自動車とは比較にならない柔軟性が追求されており、都市では車よりも賢い選択肢になるという。この電動スクーターコンセプトは、コンパクトで俊敏。小さな駐車スペースにも簡単に止められる。これにより、自動車で駐車場を探すストレスから解放され、時間が節約できる。

電動パワートレインを搭載したストリートメイトは、環境にも優しく、高い静粛性を備える。都市部の大気汚染を悪化させず、騒音も発生しないのも利点だ。

◆自転車のようなデザイン。最大出力2kWの小型モーターで最高速45km/h

また、ストリートメイトは、これまでのスクーターとは一線を画す自転車のようなスタイリッシュなデザインを採用した。最大出力2kWの小型電気モーターは、リアホイールハブと一体化しているのが特徴だ。

ストリートメイトの最高速は、45km/h(リミッター作動)。各国の法規にもよるが、シートを折りたためば 、立ったまま走行することも可能という。軽量設計としており、重量は65kg。リチウムイオンバッテリーをフロア構造と一体化したことにより、低い重心を実現した。

◆35kmの航続は自宅から職場までの通勤を想定。充電は2時間15分

バッテリーの蓄電容量は1.3kWhで、出力500Wの充電ステーションを使うと、2時間15分でフル充電できる。車体からバッテリーを取り外して、自宅や会社で充電することも可能だ。ストリートメイトは、満充電の状態で最大35kmの走行が可能。比較的長い距離の走行にも対応できるので、自宅から職場までの通勤に使用できるという。

ストリートメイトは、簡単な操作で走行できる。ハンドルバーのスイッチを押すだけで 、電源がオンになる。ベンチレーテッドディスクブレーキとABSが安全な制動を確保し、リアホイールハブのモーターは、回生ブレーキを作動させ、エネルギーをバッテリーに戻す。

ストリートメイトの走行距離は、エコモードでさらに延長できる。ヨーロッパで使用するには、運転免許証の携帯とヘルメットの着用が必要で、車両登録と保険への加入も必要になる見込みだ。

◆スマホがキー代わり。5.3インチディスプレイをスマホに接続すればナビとして使える

ストリートメイトは、最新のコネクティビティを導入する。ハンドルバーの中心にある5.3インチのディスプレイ(解像度1440×2560ピクセル)が、コントロールセンターとして機能する。このディスプレイは、耐候性と防水性を持つ。

ライトグリーンのモニターは、バッテリーの充電状況や走行可能距離など、一般的な情報を表示。ディスプレイをスマートフォンと接続し、ナビゲーションデータを入手することも可能だ。接続したスマートフォンは、アプリを使用して、現在地などの情報を表示する。第三者がストリートメイトを許可なく始動しようとした場合には、アプリがアラームを起動。ユーザーが正式なドライバーであることをアプリが確認した場合にのみ、始動可能だ。スマートフォンが、デジタルキーの役割を果たす。

VWの電動スクーターコンセプト『ストリートメイト』、航続35km…ジュネーブモーターショー2019

《森脇稔@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top