ポルシェ 911 新型、世界初の「ウェットモード」搭載!濡れた路面でも安心して走行 | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

ポルシェ 911 新型、世界初の「ウェットモード」搭載!濡れた路面でも安心して走行

ポルシェは1月21日、新型『911』(Porsche 911)に搭載された世界初の「ウェットモード」の詳細を発表した。

自動車 ニューモデル
ポルシェ911新型ウェットモード
  • ポルシェ911新型ウェットモード
  • ポルシェ911新型ウェットモード
  • ポルシェ911新型ウェットモード
  • ポルシェ911新型ウェットモード
  • ポルシェ911新型ウェットモード
  • ポルシェ911新型
ポルシェは1月21日、新型『911』(Porsche 911)に搭載された世界初の「ウェットモード」の詳細を発表した。

新型ポルシェ911では、ウェットモードを標準装備する。濡れた路面での安全走行を高める先進運転支援システム(ADAS)だ。この機能は路面の水を検知し、それに基づいてコントロールシステムを調整してドライバーに知らせる。ドライバーは、スイッチを押すか、またはステアリングホイールのモードスイッチ(スポーツクロノ パッケージ仕様)を使用して、安全性を重視する設定に切り替えることができる。

ウェットモードでは、濡れた路面を自動的に検出し、アクアプレーニングの危険性をドライバーに警告する。システムが濡れた路面を認識した場合、「PSM」(ポルシェ・スタビリティ・マネジメント)と「PTM」(ポルシェ・トラクション・マネジメント)の両システムが、通常よりも早く介入する。さらに、タコメーターの右隣のディスプレイに警告表示を行う。

ウェットモードが作動している場合、PSM、PTM、アダプティブエアロダイナミクス、オプションの「PTV」(ポルシェ・トルクベクタリング・プラス)などは、最大限の走行安定性を実現するように調整される。可変式のリアスポイラーは車両を最も安定させる位置まで伸び、エアフラップは開き、アクセルペダル特性はよりフラットになる。PSMオフ機能とスポーツモードは、使用できなくなる。

また、エンジンのトルクはより滑らかになり、8速PDKのシフトチェンジパターンもこれに対応する。4WDの「カレラ4S」では、通常よりも多くの駆動力がフロントアクスルに伝達され、電子制御式リアディファレンシャルロックも最適な設定に変わる、としている。

ポルシェ 911 新型に「ウェットモード」、濡れた路面を自動検出しシステムを統合制御

《森脇稔@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top