ホンダアクセス、「楽しみ上手な家族の家」をテーマにブースを展開 | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

ホンダアクセス、「楽しみ上手な家族の家」をテーマにブースを展開

1月11日、遂に開幕した東京オートサロン2019で、ホンダアクセスは『楽しみ上手な家族の家』をテーマにブースを展開。さまざまな年齢・性別で構成される家族それぞれの立場に立った5台のコンセプトモデルを公開した。

自動車 スポーツ・エンタメ
ホンダアクセス(東京オートサロン2019)
  • ホンダアクセス(東京オートサロン2019)
  • ホンダアクセス(東京オートサロン2019)
  • ホンダアクセス(東京オートサロン2019)
  • ホンダアクセス(東京オートサロン2019)
  • ホンダアクセス(東京オートサロン2019)
  • ホンダアクセス(東京オートサロン2019)
  • ホンダアクセス(東京オートサロン2019)
  • ホンダアクセス(東京オートサロン2019)
1月11日、遂に開幕した東京オートサロン2019で、ホンダアクセスは『楽しみ上手な家族の家』をテーマにブースを展開。さまざまな年齢・性別で構成される家族それぞれの立場に立った5台のコンセプトモデルを公開した。

まず、ブースの正面入り口から奥まで真っ直ぐにのびるウッドデッキの一本道は、家族の様々なライフスタイルを横目に見る事ができ、気になるところに直接アクセスできるようになっている。

そして、クルマいじりが趣味であるレース好きな父親のガレージには、『S660 Neo Classic』をベースとした『Modulo Neo Classic Racer』、自立したOLとして働く長女の部屋には、“女性にとってクルマは第2の自分の部屋”をテーマとした『FIT Elegant Color Collection』が展示されるなど、家族それぞれの年齢や性別によるライフスタイルのイメージを具現化した空間が出現。

他にも、お母さんと長男が普段使いする為のシビックや、サーフィンが趣味でアクティブな次男が愛用するバンなど、“Hondaのある生活”を豊かに楽しむアイデアが隅々に盛り込まれ、その楽しみ方を疑似体験できるブースとなっている。

また、ブースでの展示は全てコンセプトモデル。今回の来場者の反応により、市販化が検討されるとのことなので、S660 Neo Classicの流れにのって是非実現して欲しいところだ。

「楽しみ上手な家族の家」がテーマのホンダアクセス…東京オートサロン2019

《先川知香@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top