スズキ スペーシアにタフでアクティブな「スペーシアギア」を設定[特集写真] | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

スズキ スペーシアにタフでアクティブな「スペーシアギア」を設定[特集写真]

スズキは、ハイトワゴンタイプの軽乗用車『スペーシア』に、タフでアクティブなSUVデザインを採用した新型「スペーシアギア」を追加、12月20日に発売した。軽ハイトワゴンをもっとアクティブに使いたいと考えるユーザーへの提案だ。

自動車 ニューモデル
スズキ・スペーシアギア
  • スズキ・スペーシアギア
  • スズキ・スペーシアギア
  • スズキ・スペーシアギア
  • スズキ・スペーシアギア
  • スズキ・スペーシアギア
  • スズキ・スペーシアギア
  • スズキ・スペーシアギア
  • スズキ・スペーシアギア
スズキは、ハイトワゴンタイプの軽乗用車『スペーシア』に、タフでアクティブなSUVデザインを採用した新型「スペーシアギア」を追加、12月20日に発売した。軽ハイトワゴンをもっとアクティブに使いたいと考えるユーザーへの提案だ。

スペーシアギアは、「広い室内空間とアクティブスタイルを融合したSUVな軽ハイトワゴン」がコンセプトだ。今までの軽ハイトワゴンにはなかった新たな価値を、という企画で開発された。ベーシックデザインの「スペーシア」と、迫力と存在感の「スペーシアカスタム」に加えて、スペーシアシリーズを構成する。ユーザーのスタイルに応じて選びやすいようにした。

スペーシアギアのターゲットユーザーは「アウトドアファッションが好き」「アクティブなシーンで(車を)使いたい」「これまでにないデザインがほしい」という人。デザインについては、標準のスペーシアでは「少し可愛すぎる」、スペーシアカスタムでは「少し派手すぎる」というユーザーも受け入れる。

スペーシアギアには、前方の車両や歩行者の検知を可能とした衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」と、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を全車に標準装備する。また、フロントガラス投影式の「ヘッドアップディスプレイ」がメーカーオプション設定だ。

ラインナップはエンジンが自然吸気とターボ、駆動レイアウトが2WDと4WD、都合4タイプ。

エンジンは0.66リットルDOHC吸排気VVT(自然吸気)または0.66リットルDOHC吸気VVTターボで、発進時に電気モーターのみで走行できるマイルドハイブリッドを全車に搭載した。駆動レイアウトは自然吸気エンジン、ターボエンジンそれぞれに2WDと4WDを設定、変速機は全車CVT。

JC08モード燃費は、自然吸気・2WDが28.2km/リットル、自然吸気・4WDが26.4km/リットル、ターボ・2WDが25.6km/リットル、ターボ・4WDが24.0km/リットルとなっている。

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)は自然吸気・2WDが161万4600円、自然吸気・4WDが173万2320円、ターボ・2WDが169万5600円、ターボ・4WDが181万3320円。販売目標台数は月間2000台だ。

スズキ スペーシアギア…“SUVな軽ハイトワゴン”の提案[詳細画像]

《高木啓@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top