伝説の名車「トヨタ 2000GT」 その曲線美を目の前で堪能!…1月4日から展示 | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

伝説の名車「トヨタ 2000GT」 その曲線美を目の前で堪能!…1月4日から展示

「トヨタ 2000GT」は稀少性が高い元祖・国産スポーツカー。伝説の名車として君臨しているワケとは?「トヨタ 2000GT」の曲線美を目の前で楽しめる展示イベントが1月4日から開催!

話題 イベント
伝説の名車「トヨタ 2000GT」 その魅力を目の前で堪能!…1月4日から代官山で展示
  • 伝説の名車「トヨタ 2000GT」 その魅力を目の前で堪能!…1月4日から代官山で展示
  • 1月20日(日)までは「デロリアン DMC-12」も展示
  • 1月下旬からは「フェアレディZ 432」を展示予定
  • 「Podium」では、旧車から新車まで多くの自動車のメカニカルとボディのメンテナンスを行っている
  • 「Podium」のカフェでは、カフェは3種の抽出方法を選べる本格コーヒーを楽しめる
  • 「Podium」ではセレクトショップとしてドライビングシューズ、グローブなども販売
クルマ好きが憧れる国産名車のひとつとして、不動の地位を確立している「トヨタ 2000GT」。

トヨタ自動車とヤマハ発動機の共同開発によって誕生し、1967年から1970年まで輸出分も含めて、わずか337台しか生産されていないといわれる、元祖・国産スポーツカーとして名高い。

◆伝説の名車として「トヨタ 2000GT」が君臨しているワケとは…

トヨタ 2000GTの発売当時の新車価格をご存知だろうか。1955年に登場した初代クラウンは101万4860円、1969年に発売された初代カローラは52万5000円。そんな中、トヨタ 2000GTは238万円。ちなみに、トヨタ 2000GTの新車価格を現代の金額で換算すると2,000万円ほどに相当すると言われている。

つまり1960年代後期から1970年代の日本で、トヨタ 2000GTを手に入れることができたのは、豊かな経済力がある限られた一部の資産家などで、一般的な社会人には到底購入できない憧れのクルマだったと言えるだろう。

トヨタ 2000GTの「凄まじさ」はまだ続く。1967年に公開された映画『007は二度死ぬ』に、ボンドカーとして登場しているのだ。同作品は、高度経済成長期の真っ只中だった日本を舞台したスパイアクション・ムービーとして国内で大ヒットし、1967年度の外国映画興行成績で第1位に輝いている。

そして2013年。トヨタ 2000GTは、クラシックカーオークションにおいて、日本車としては最高値の1,155,000ドル(約1億1,800万円)で落札された。


◆目の前で「トヨタ 2000GT」の曲線美を堪能できる!

まさに「伝説のクルマ」といわれるだけのヒストリーを持つトヨタ 2000GTを、目の前でじっくり眺めることができる展示イベントがあるのでぜひ紹介したい。

1月4日(金)から1月25日(金)までの間、東京・代官山にあるカーライフセレクトショップ&ファクトリー「Podium(ポディウム)」にて、トヨタ 2000GTが展示される。1月20日(日)までは、デロリアン DMC-12も同時展示されるので必見だ。なお、1月下旬からは、フェアレディZ 432の展示が予定されている。




今回展示が行われるPodiumでは、旧車から新車まで多くの自動車のメカニカルとボディのメンテナンスを行っている。さらに「オープンスポーツカーライフ」プロジェクトを展開。ポルシェのオープンスポーツカー「ボクスター」(2003年モデルなど)を安心かつ快適に楽しめるように、中古車購入をためらう原因となる様々なリスクをコンシェルジュがサポートする取り組みに注力している。

なお同店は、ショップ、ファクトリー、カフェ、ギャラリー、ポケットパークで構成されている。ギャラリーでは、カーライフ関連の展示とセレクトショップとしてドライビングシューズ、グローブなども販売。植栽に囲まれたポケットパークは車の展示スペースとして貸し出しも行われ、輸入車ディーラーのイベントにも利用されている。カフェは3種の抽出方法を選べる本格コーヒーを楽しめる。





<店舗概要>
店舗名  :カーライフセレクトショップ&ファクトリー「Podium」
所在地  : 東京都目黒区中目黒1-3-12 ※駒沢通り沿い
営業時間 : 10時~20時
取扱い商品: ドライビングシューズなどファッション性の高いカーライフ関連商品。タイヤ、オイル、バッテリー、アクセサリーなどカー用品全般
取扱いサービス: タイヤ交換その他整備、車検、コーティング、カーフィルム施工など。
※ショップとファクトリーは「オートバックス代官山店」

問い合わせ先: 03-3719-2100(オートバックス代官山店共通電話)
《カーケアプラス編集部》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top