ポルシェ初のEV「タイカン」、部品輸送もゼロエミッションで…EVトラック導入へ | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

ポルシェ初のEV「タイカン」、部品輸送もゼロエミッションで…EVトラック導入へ

ポルシェは12月14日、ポルシェ初の量産EVスポーツカー、『タイカン』(Porsche Taycan)の2019年からの生産に向けて、同車の部品を輸送するトラックにEVを導入すると発表した。

自動車 ニューモデル
ポルシェ・タイカンの部品を輸送するMANのEVトラック、eTGM
  • ポルシェ・タイカンの部品を輸送するMANのEVトラック、eTGM
  • ポルシェ・タイカンのティザーイメージ
ポルシェは12月14日、ポルシェ初の量産EVスポーツカー、『タイカン』(Porsche Taycan)の2019年からの生産に向けて、同車の部品を輸送するトラックにEVを導入すると発表した。

タイカンは、コンセプトカーの『ミッションE』の市販版となる。EVパワートレインには、最大出力600psを超える2基の永久磁石シンクロナスモーター(PSM)を搭載し、0~100km/h加速は3.5秒以下で駆け抜け、0~200km/h加速も12秒以下の性能を発揮する。1回の充電での航続は、500km以上の性能を備える。

ポルシェはタイカンの2019年からの生産に向けて、同車の部品を輸送するトラックにEVを導入する。このEVトラックは、ポルシェと同じくフォルクスワーゲングループに属するMAN初のフルEVトラック、『eTGM』だ。

eTGMには、最大出力360hpを発生するモーターを搭載する。バッテリーは蓄電容量149kWhのリチウムイオンバッテリーで、1回の充電での航続は、最大130kmの性能を持つ。出力150kWの急速チャージャーを利用すれば、45分で100km走行分のバッテリー容量を充電できる。最大積載量は18トンだ。

ポルシェは、タイカンを生産するドイツのツッフェンハウゼン本社工場とサプライヤーの間の約19kmを、eTGMにタイカンの部品を積んで輸送する。ポルシェは、EVトラックを生産ロジスティクスに組み込むことで、ポルシェが「ゼロ・インパクト・ファクトリー」への道のりの一歩を踏み出す、としている。

ポルシェ初のEVスポーツ、部品輸送もゼロエミッションで…EVトラック導入へ

《森脇稔@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top