ポルシェ 911カレラ新型、ボディはどう進化したのか? | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

ポルシェ 911カレラ新型、ボディはどう進化したのか?

世界中に数多くのファンがいるポルシェのなかでも、中心的な存在といえる『911』(Porsche 911)。ロサンゼルスモーターショーでは「992型」と呼ばれる、フルモデルチェンジを実施した最新モデルが公開された。

自動車 ニューモデル
ポルシェ911(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • ポルシェ911(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • ポルシェ911新型(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • ポルシェ911新型(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • ポルシェ911新型(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • ポルシェ911新型(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • ポルシェ911新型
  • ポルシェ911新型
  • ポルシェ911新型
世界中に数多くのファンがいるポルシェのなかでも、中心的な存在といえる『911』(Porsche 911)。ロサンゼルスモーターショーでは「992型」と呼ばれる、フルモデルチェンジを実施した最新モデルが公開された。

発表された車体の数値をみると、全幅は今回発表された「カレラS」「カレラ4」ともに1852mmで、先代(991型)の「カレラ4S」と同じ。ただし、フロントの幅は45mm広がっているという。いっぽうで全長は先代よりも20mm長い4519mm。ただしホイールベースは2450mmで先代と同じだ。

そんな992型のスタイルを先代と比較して感じたのは、真横からみるとルーフラインがよく似ているということ。そして比べてみると、サイドウインドウの形状も同じように見える。伸びた全長もフロントオーバーハングの拡大がその理由のようだ。そのうえホイールベースが変わっていないことから考えると、フルモデルチェンジで新型になった992型ながら、ボディの基本設計自体は変わっていないのかもしれない。

確かに今回の新型は、従来モデルが「991」だった開発コードが「992」となりモデルチェンジであることは間違いない。しかしポルシェの場合、開発コードが改められたからといって車体が新設計になるかといえばかならずしもそうではないのだ。

たとえば2016年にボクスターが「718ボクスター」へと進化した際は、開発コードが「981」から「982」へと変わった。しかし車体の基本設計そのものは981から受け継がれているのは周知の事実である。

最新のポルシェ 911、ボディは刷新されているのか?…ロサンゼルスモーターショー2018

《工藤貴宏@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top