メルセデスEクラス セダン改良新型を初スクープ!大げさなテールライト偽装はなぜ? | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

メルセデスEクラス セダン改良新型を初スクープ!大げさなテールライト偽装はなぜ?

メルセデスベンツ『Eクラスセダン』改良新型を、初めてカメラが捉えた。11月に入り「ステーションワゴン」「オールテレーン」そして「クーペ」と立て続けにスクープしていたが、ついにベースモデルの撮影に成功した。

自動車 新車スクープ
メルセデスベンツ Eクラスセダン 改良新型スクープ写真
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 改良新型スクープ写真
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 改良新型スクープ写真
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 改良新型スクープ写真
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 改良新型スクープ写真
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 改良新型スクープ写真
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 改良新型スクープ写真
  • メルセデスベンツ Eクラスセダン 改良新型スクープ写真
メルセデスベンツ『Eクラスセダン』改良新型を、初めてカメラが捉えた。11月に入り「ステーションワゴン」「オールテレーン」そして「クーペ」と立て続けにスクープしていたが、ついにベースモデルの撮影に成功した。

フェイスリフトのわりに、ヘッドライトやフロントバンパーに厳重なカモフラージュが施されているが、注目はテールライトだ。前途した派生モデルの開発車両は軽いテープ、もしくは未着手の状態だったが、セダンだけは完全に隠蔽され、仮のライトが装着されている。これは同ブランドがフルモデルチェンジの際に使う手法で、大きなデザイン変更がなされる可能性があると見ていい。

フロントマスクは他の派生モデルと同様に、『Aクラス』や『CLS』に採用されたシャープなヘッドライトを持つ「プレデター・フェイス」に変更されるほか、グリルやエアインテーク形状も刷新される。コックピットには「MBUX」を搭載し、最新のインフォテインメントシステムやタッチパッドを採用する。

パワートレインは、2リットル直列4気筒ガソリン/ディーゼルターボ、2リットル直列4気筒ターボ+電気モーターのPHEVなどがラインアップされるが、新たに『CLS450』に搭載されている3リットル直列6気筒+マイルドハイブリッド「EQ Boost」が新設定される。これは現在ラインアップされている3リットルV型6気筒ツインターボ『E450』に代わるものとなる。

プロトタイプの目撃は最後となったセダンだが、ワールドプレミアは、シリーズの先頭を切って2019年秋が有力だ。

メルセデスベンツ Eクラスセダン、改良モデル登場は2019年秋!大げさな偽装の中身は…?

《子俣有司@[email protected]レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top