メルセデスAMG GLC 63に初の改良新型...どこが変わる?パワーは? | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

メルセデスAMG GLC 63に初の改良新型...どこが変わる?パワーは?

メルセデスベンツは現在、コンパクト・クロスオーバーSUV『GLC』改良新型の発表を控えているが、そのハイパフォーマンスモデル『AMG GLC 63』改良新型も同時に開発が進められているという。プロトタイプを初めてカメラが捉えた。

自動車 ニューモデル
メルセデス AMG GLC63 改良新型 スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 改良新型 スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 改良新型 スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 改良新型 スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 改良新型 スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 改良新型 スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 改良新型 スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 改良新型 スクープ写真
  • メルセデス AMG GLC63 改良新型 スクープ写真
メルセデスベンツは現在、コンパクト・クロスオーバーSUV『GLC』改良新型の発表を控えているが、そのハイパフォーマンスモデル『AMG GLC 63』改良新型も同時に開発が進められているという。プロトタイプを初めてカメラが捉えた。

ニュルブルクリンクで捉えた車両は、ヘッドライトにダミーが装着されており、初期段階のプロトタイプと思われる。しかし、すでに捉えているベースモデルのGLC同様に、L字型デイタイムランニングライトで囲まれる3連ヘッドライトを装備するはずだ。

そのほか変化が見られるのは、テールライトの正方形グラフィックだ。またフロントグリルも、下部がなめからに、そしてコーナーが外側へ広がるなどアウトラインが刷新されている。

キャビン内では、12.3インチのデジタル・インストルメント・クラスタ、タッチコントロール機能を持つ新しい3スポーク・ステアリング・ホイール、アップグレードされたヘッドアップ・ディスプレイ、そして新しいインターフェースを備えた10.25インチ・インフォテイメント・システム・スクリーンなどが搭載される。

パワートレインは、4リットルV型8気筒ツインターボを搭載。最高出力476psとキャリーオーバーが基本線となっているが、10ps程度アップされる可能性も残されている。

ワールドプレミアは、2019年内と予想されている。

メルセデスAMG「GLC63」が初の改良へ、どこが変わる?パワーは?

《子俣有司@[email protected]レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top