Z4グリル装着...BMW4シリーズ カブリオレ新型、初の電動化か!? | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

Z4グリル装着...BMW4シリーズ カブリオレ新型、初の電動化か!?

BMWの2ドアオープン、『4シリーズ カブリオレ』次期型プロトタイプに大接近。前回より鮮明に捉えた開発車両は、まだダミーのヘッドライトを装着するなど、初期テスト車両ながら「Z4」新型と同タイプのグリルを確認できる。

自動車 新車スクープ
BMW 4シリーズ カブリオレ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ カブリオレ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ カブリオレ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ カブリオレ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ カブリオレ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ カブリオレ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ カブリオレ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ カブリオレ スクープ写真
  • BMW 4シリーズ カブリオレ スクープ写真
BMWの2ドアオープン、『4シリーズ カブリオレ』次期型プロトタイプに大接近。前回より鮮明に捉えた開発車両は、まだダミーのヘッドライトを装着するなど、初期テスト車両ながら「Z4」新型と同タイプのグリルを確認できる。

初代は、2013年に『3シリーズ カブリオレ』から『4シリーズ カブリオレ』へ名前を変えデビューしており、これが「4シリーズ」として初のフルモデルチェンジとなる。

次期型では、「3シリーズ」新型同様の「CLAR」プラットフォームを採用、ボディを拡大しつつ、軽量化を図る。また電動リトラクタブル・ハードトップからファブリックルーフへ変更されパフォーマンスの向上も期待できそうだ。

室内には、フルデジタル・インストルメントクラスタを採用し、同ブランド自慢の次世代デジタルコックピット、「BMWオペレーティングシステム7.0」が搭載される可能性が高い。

パワートレインは、直列4気筒エンジンと直列6気筒エンジンが引き続き採用されると思われるが、注目は直列3気筒エンジンと初のPHEVモデルの設定が噂されている。

ワールドプレミアは、2020年以降となりそうだ。
《Gept-tw.info 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top