ジャガーXE初の改良新型、インジニウム×48VマイルドHV最強エンジン搭載へ! | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

ジャガーXE初の改良新型、インジニウム×48VマイルドHV最強エンジン搭載へ!

ジャガーの欧州Dセグメント・スポーツサルーン、『XE』改良新型プロトタイプを、灼熱のデスバレーで初めてカメラが捉えた。厳重なカモフラージュが施されていることから、フロント&リアデザインが大刷新される可能性がある。

自動車 新車スクープ
ジャガー XE 改良新型スクープ写真
  • ジャガー XE 改良新型スクープ写真
  • ジャガー XE 改良新型スクープ写真
  • ジャガー XE 改良新型スクープ写真
  • ジャガー XE 改良新型スクープ写真
  • ジャガー XE 改良新型スクープ写真
  • ジャガー XE 改良新型スクープ写真
  • ジャガー XE 改良新型スクープ写真
  • ジャガー XE 改良新型スクープ写真
ジャガーの欧州Dセグメント・スポーツサルーン、『XE』改良新型プロトタイプを、灼熱のデスバレーで初めてカメラが捉えた。厳重なカモフラージュが施されていることから、フロント&リアデザインが大刷新される可能性がある。

ジャガー初のコンパクトセダンとして2001年にデビューした『Xタイプ』の後継モデルが「XE」だ。2015年に発売された現行モデルにとって、これが初の改良新型となる。捉えたプロトタイプは、新グラフィックのヘッドライトの一部、リフレッシュされたバンパーやエアインテークが見てとれる。リアコンビランプのデザインも再設計されるはずだ。

今回はキャビンの撮影にも成功。最新世代のインフォテインメントと新しいトリムオプションが用意される。

最大の目玉は、ボンネットの下にある。ジャガーは、既に2020年以降に発売するすべての車種のパワートレインを電動化すると発表しており、このXEにもラインアップされる可能性が高い。

予想されるパワーユニットは、優れたパフォーマンスと経済性を両立する、ジャガー自慢の「インジニウム」 2リットル直列4気筒と組み合わされる48Vマイルドハイブリッドだ。さらにアイドリングストップ機能「ジャガー・インテリジェント・ストップ・スタート・システム」を搭載し、排出ガスの低減と燃費向上を図る。また販売不振と排ガス規制により廃止されたV6エンジンが搭載されることはないだろう。

最大のライバルとなるメルセデス『Cクラス』は改良新型を発表したばかりで、BMW『3シリーズ』新型も間も無くアンベールされる。それだけにXEの改良は急務だ。ワールドプレミアは、2019年3月のジュネーブモーターショーが有力とされている。

Cクラス&3シリーズに食らいつけ…ジャガー XE が初の大改良、その実態は

《子俣有司@[email protected]レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top