ルノー、完全自動運転EVコンセプト「EZ-ULTIMO」ワールドプレミア!観光客をターゲットに | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

ルノー、完全自動運転EVコンセプト「EZ-ULTIMO」ワールドプレミア!観光客をターゲットに

ルノー(Renault)は10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー2018において、完全自動運転のEVコンセプトカー、『EZ-ULTIMO』をワールドプレミアした。

自動車 ニューモデル
ルノー EZ-ULTIMO(パリモーターショー2018)
  • ルノー EZ-ULTIMO(パリモーターショー2018)
  • ルノー EZ-ULTIMO(パリモーターショー2018)
  • ルノー EZ-ULTIMO(パリモーターショー2018)
  • ルノー EZ-ULTIMO(パリモーターショー2018)
  • ルノー EZ-ULTIMO
  • ルノー EZ-ULTIMO
  • ルノー EZ-ULTIMO
  • ルノー EZ-ULTIMO
ルノー(Renault)は10月2日、フランスで開幕したパリモーターショー2018において、完全自動運転のEVコンセプトカー、『EZ-ULTIMO』をワールドプレミアした。

EZ-ULTIMOは、ルノーが開発を進めている自動運転技術を搭載したロボットカーコンセプト。2017年秋のフランクフルトモーターショー2017で発表したコンセプトカーの『シンビオズ』(Symbioz)、2018年春のジュネーブモーターショー2018で発表した『EZ-GOコンセプト』に続いて、ルノーのロボットカー3部作が完結した。

EZ-ULTIMOは、観光客が利用することを前提に開発。1時間または1日のオンデマンドで利用可能で、パリのような都市において、プライベートな旅行、プレミアムな観光体験や旅行サービスを求めるユーザーの移動手段を提案する。

またEZ-ULTIMOには、広い開口部を持った自動ドアや回転式シートを採用。プライバシーを保護するために、透明ガラスを廃した。EZ-ULTIMOのインテリアは、リラックスして楽しめる移動時間を追求。ウッドや大理石、レザーなどの素材を使用し、ラウンジのような空間を演出した。

さらにEZ-ULTIMOには、レベル4の完全自動運転技術を搭載し、幅広い用途に対応。V2Xテクノロジーによってインフラと接続されており、高速道路や専用道路において、シャトルサービスに対応できる、としている。

ルノー、観光客向け完全自動運転EVコンセプト発表…パリモーターショー2018

《森脇稔@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top