あのスズキ カタナがついに復活...カワサキ Z900RS とガチンコ勝負! | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

あのスズキ カタナがついに復活...カワサキ Z900RS とガチンコ勝負!

あのレジェンドバイク、名車中の名車がついに復活!! ドイツ・ケルンで開催中の「インターモト」(二輪車国際見本市)で、スズキが新型『KATANA(カタナ)』を発表した。

話題 企業
スズキ新型『KATANA(カタナ)』
  • スズキ新型『KATANA(カタナ)』
  • スズキ新型『KATANA(カタナ)』
  • スズキ新型『KATANA(カタナ)』
  • スズキ新型『KATANA(カタナ)』
  • スズキ新型『KATANA(カタナ)』
  • スズキ新型『KATANA(カタナ)』
  • スズキ新型『KATANA(カタナ)』
  • スズキ新型『KATANA(カタナ)』
あのレジェンドバイク、名車中の名車がついに復活!! ドイツ・ケルンで開催中の「インターモト」(二輪車国際見本市)で、スズキが新型『KATANA(カタナ)』を発表した。

エンジンは999ccの水冷直列4気筒エンジンを搭載。カワサキがZ1やZ2イメージの『Z900RS』をリリースしセールス好調だが、それならばとスズキも“カタナ”で対抗だ。

ちなみに『Z900RS』は排気948ccで最高出力111PSを発揮するのに対し、新型カタナは150PS。装備重量は215kgで、これは両車同じ。


スズキ カタナとは!?
スズキは1970年代、GSシリーズで4ストローク化を達成し、海外市場でも力を示していた。そして、1台の大ヒットバイクを世に送り出す。ドイツ人デザイナー、ハンス・ムートによる『GSX1100S KATANA』であった。これがスズキ「カタナ伝説」の始まりだ。

1980年のことだった。ドイツ・ケルンショーに1台の試作車が出展される。ノーズからタンクを一体にデザインし、シートも既存の概念を打ち破ったボディとの一体感のあるもの。これまで見たことがない、新感覚に満ちあふれていた。その名が示すとおり、日本刀をイメージした斬新なデザインで、瞬く間に世界中のバイクファンが魅了される。

市販化されたのは翌81年。1100ccの4気筒エンジンを積む輸出仕様車として『GSX1100S KATANA』がデビュー。日本国内にも要望に応え、82年に排気量750ccの『GSX750S』を発売した。


“刀狩り”と言われ、恐れられたことも…!?
ナナハンだった国内版カタナは逸話が残る。『GSX1100S KATANA』では、バイクファン垂涎モノのセパレートハンドルが新車から装着されていたが、『GSX750S』では当時の自主規制からセパレートハンドルの装備が見送られ、アップハンドルが採用されていた。

このアップハンドルが、じつにカッコ悪く、付いた名は“耕耘機ハンドル”。そもそも車名に「KATANA」は付いていないし、ウインドシールドも備わっていないというありさまだった。

当然、オーナーらはこぞって1100の“セパハン”(セパレートハンドル)と交換するが、これを警察が重点的に取締り。全国で“刀狩り”がはじまったのだ。そんな伝説さえも残すほど、大人気となったカタナが、復活となるのだ!


再びまたドイツ・ケルンから始まる!
1980年のセンセーショナルなデビューもドイツ・ケルンだった。38年の時を経て、スズキは再び新型カタナを発表した。

ヘッドライトはもちろんLED式だが、長方形の縦型2灯式にしている。LEDポジションランプは刀の切先がモチーフだ。スイングアームマウントのリヤフェンダーはスズキのバイクでは初。ナンバープレートホルダーやウインカーをリヤタイヤの上に配置し、シート後端のテールセクションをスッキリとさせている。

カラーリングやフロントマスク、タンクまわりの造形など、バイクファンならひと目でカタナと認識できそうだが、現代的なスタイルにアレンジ。フロントフォークは倒立式で、ブレーキキャリパーはブレンボのラジアルマウントタイプ。ABSはもちろん、3段階から選択可能なトラクションコントロールも搭載した。

生産は浜松工場。2019年春よりヨーロッパを中心に販売がスタートする。2000年の「ファイナルエディション」をもって姿を消して以来のカムバック、ワクワクせずにはいられない!!

あのスズキ カタナがついに復活!! カワサキ Z900RS とガチンコ勝負だ

《青木タカオ@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top