2019年発売予定...ホンダ フィット次期型を初スクープ!「i-MMD」ハイブリッド搭載で45km/Lも視野 | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

2019年発売予定...ホンダ フィット次期型を初スクープ!「i-MMD」ハイブリッド搭載で45km/Lも視野

ホンダの主力コンパクトカー『フィット』次期型プロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトGept-tw.infoのカメラが初めて捉えた。

自動車 新車スクープ
ホンダ フィット 次期型(4代目)スクープ写真
  • ホンダ フィット 次期型(4代目)スクープ写真
  • ホンダ フィット 次期型(4代目)スクープ写真
  • ホンダ フィット 次期型(4代目)スクープ写真
  • ホンダ フィット 次期型(4代目)スクープ写真
  • ホンダ フィット 次期型(4代目)スクープ写真
  • ホンダ フィット 次期型(4代目)スクープ写真
  • ホンダ フィット 次期型(4代目)スクープ写真
  • ホンダ フィット 次期型(4代目)スクープ写真
ホンダの主力コンパクトカー『フィット』次期型プロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトGept-tw.infoのカメラが初めて捉えた。

フィットは、2001年に『ロゴ』後継車として初代がデビュー。2007年に2代目へと移りボディが拡大。2013年に3代目となる現行モデルが発売された。海外向けは『ジャズ』としてグローバルに展開している。

捉えた4代目となる次期型プロトタイプは、初期段階のため厳重なカモフラージュで包まれているが、エクステリアは大刷新されることが伺える。

まず目につくのは、フロントドアベンチ(三角窓)だ。正三角形に近い現行型から、Aピラーの上部へ伸びる純角三角形となり、視界が大幅に向上している。また大円形プロジェクト・ヘッドライトの存在も確認できる。さらにCピラーは厚みを持ち、テールライトは、リアウィンドウに沿って伸びる縦型から、ワイドな横型へ変更されているのも見てとれる。

大刷新されるエクステリアと共に、パワートレインにも注目だ。1リットル直列3気筒ダウンサイジングターボを搭載し、最高出力128psのハイパワーを生む。さらにホンダの新世代ハイブリッドシステム「i-MMD」(2モーター方式ハイブリッド)を搭載し、出力アップや燃費性能の向上が見込まれる。最高出力は、エンジンとモーターをあわせ合計145ps、燃費は45km/リットルを目指して開発が進んでいるという。

高性能モデル「RS」の設定も確実視され、こちらも1リットルターボの搭載が予想される。

ワールドプレミアは2019年後半のモーターショーが有力だ。

ホンダ フィット 次期型、2019年発売か…試作車をスクープ、HVの燃費は45km/Lに?

《子俣有司@[email protected]レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top