ルノー最新ロボットカーコンセプト、パリで初公開へ!シリーズは完結に | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

ルノー最新ロボットカーコンセプト、パリで初公開へ!シリーズは完結に

ルノー(Renault)は9月17日、フランスで10月に開催されるパリモーターショー2018において、最新のロボットカーコンセプトを初公開すると発表した。

自動車 ニューモデル
ルノー シンビオズ
  • ルノー シンビオズ
  • ルノー シンビオズ
  • ルノー シンビオズ
  • ルノーEZ-GOコンセプト
  • ルノーEZ-GOコンセプト
  • ルノーEZ-GOコンセプト
ルノー(Renault)は9月17日、フランスで10月に開催されるパリモーターショー2018において、最新のロボットカーコンセプトを初公開すると発表した。

このロボットカーコンセプトは、ルノーが開発を進めている自動運転技術を搭載したコンセプトカー。2017年秋のフランクフルトモーターショー2017で発表したコンセプトカーの『シンビオズ』(Symbioz)、2018年春のジュネーブモーターショー2018で発表した『EZ-GOコンセプト』に続いて、ルノーのロボットカー3部作が完結するという。

シンビオズは、ルノーが未来のモビリティに対するビジョンを提示したコンセプトカー。2030年までに実現する自動運転、電動化、コネクテッドモビリティを表現した1台となる。シンビオズの最大の特徴が、自動車と住宅を統合させるという斬新なコンセプト。シンビオズで帰宅すれば、同車は乗員を乗せたまま住宅の中へ。そして、シンビオズはインテリアの一部として機能する。

EZ-GOコンセプトは、都市部のシェアード・モビリティを重視したコンセプトカー。カーシェアリングやライドシェアなど、モビリティサービスでの使用を前提にした次世代のコンセプトカーで、「レベル4」の完全自動運転のロボットカー。車両が前走車との距離を検知し、停車や車線変更などをドライバーに代わって行う。車内には、車両の進行方向に向かって乗員が横向きに着座するベンチシートも採用。360度の大きなガラスエリアが開放感を演出した。乗降の際には、ハッチゲートが大きく開き、車椅子やベビーカーに配慮したスロープが設けられる。

なおルノーは、パリモーターショー2018で初公開する予定の最新のロボットカーコンセプトについて、モビリティサービスの方向性を模索する1台になる、としている。

ルノーのロボットカーコンセプト、3部作が完結へ…パリモーターショー2018で発表予定

《森脇稔@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top