運転中のスマホ操作はNO!警告画面とメッセージで注意促アプリ、GMが開発 | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

運転中のスマホ操作はNO!警告画面とメッセージで注意促アプリ、GMが開発

GM(General Motors)のシボレー(Chevrolet)ブランドは9月10日、運転中のスマートフォンの操作を抑制するアプリ「コールミーアウト」を開発した、と発表した。

自動車 テクノロジー
運転中のスマホ操作を抑制するGMのアプリ「コールミーアウト」
  • 運転中のスマホ操作を抑制するGMのアプリ「コールミーアウト」
  • 運転中のスマホ操作を抑制するGMのアプリ「コールミーアウト」
  • 運転中のスマホ操作を抑制するGMのアプリ「コールミーアウト」
  • 運転中のスマホ操作を抑制するGMのアプリ「コールミーアウト」
  • 運転中のスマホ操作を抑制するGMのアプリ「コールミーアウト」
GM(General Motors)のシボレー(Chevrolet)ブランドは9月10日、運転中のスマートフォンの操作を抑制するアプリ「コールミーアウト」を開発した、と発表した。

コールミーアウトは、スマートフォンにダウンロードするアプリ。スマートフォンの加速度計とGPSを利用して、車両が走行中(8km/h以上)であることを検出。この状態で、ドライバーがスマートフォンを操作しようとした場合、スマホに警告画面が表示されると同時に、家族や恋人の声で安全運転を促すメッセージが流れる。

また、このアプリには、ゲーム機能が備わる。運転中、スマートフォンを操作しなかったドライバーに、多くのポイントが与えられる仕組みを導入している。

もともとこのアプリは、若いドライバーの運転中のスマホ操作を抑制する目的で開発。「Research Now」の調査によると、ドライバーの84%が運転中のスマホ操作の危険性を認めているが、ドライバーの9割が運転中、スマホを操作しているという。

GM、運転中のスマホ操作抑制アプリ開発…警告画面とメッセージで

《森脇稔@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top