VW T-Roc、高性能「R」生産仕様を初スクープ!最高出力は300馬力へ | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

VW T-Roc、高性能「R」生産仕様を初スクープ!最高出力は300馬力へ

フォルクスワーゲンの新型コンパクト・クロスオーバーSUV『T-Roc』。その最強モデルとなる『T-Roc R』生産仕様を、初めてカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
VW T-Roc R 市販型スクープ写真
  • VW T-Roc R 市販型スクープ写真
  • VW T-Roc R 市販型スクープ写真
  • VW T-Roc R 市販型スクープ写真
  • VW T-Roc R 市販型スクープ写真
  • VW T-Roc R 市販型スクープ写真
  • VW T-Roc R 市販型スクープ写真
  • VW T-Roc R 市販型スクープ写真
  • VW T-Roc R 市販型スクープ写真
フォルクスワーゲンの新型コンパクト・クロスオーバーSUV『T-Roc』。その最強モデルとなる『T-Roc R』生産仕様を、初めてカメラが捉えた。

以前捉えたベースモデルのテストミュールとは、明らかに異なるプロトタイプだ。フロントマスクには性能を高めたラジエーターグリル、大型のコーナーエアインテークなどを備える専用のバンパーが。リアビューにはクワッドエキゾーストパイプとディフューザーが見られ、一目で高性能モデルだとわかるエクステリアだ。

さらにボディは若干ローダウンされ、フェンダーはワイド化、強力なブレーキ、大径ホイール、ハードサスペンションなどを装備する。

またキャビンには、レザーステアリングホイール、ツートンシート、ブラックヘッドライナー、ステンレス製ペダル、ドアシルプレート、専用フロアマットなどが装備されるという。

ベースモデルは、7速「DSG」と組み合わされる直噴2.0リットル直列4気筒ターボディーゼル「TDI」を搭載し、最大出力184psを発揮。「R」では、『ゴルフR』から移植される2リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載、最高出力は驚異の300ps超えと予想されている。

T-Roc Rのワールドプレミアの場は2019年3月のジュネーブモーターショーが有力とされている。

コンパクトSUVにも300馬力の「R」…VW T-Roc R、生産モデルをスクープ

《子俣有司@[email protected]レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top