ニュルで謎のアクティブ・ウィング起動...ポルシェ カイエンクーペ、コックピットも激写! | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

ニュルで謎のアクティブ・ウィング起動...ポルシェ カイエンクーペ、コックピットも激写!

ポルシェのフラッグシップ・クロスオーバーSUV、『カイエン』の派生モデルとなる『カイエンクーペ』(仮称)がニュルで高速テストを開始した。

自動車 新車スクープ
ポルシェ カイエンクーペ(仮)スクープ写真
  • ポルシェ カイエンクーペ(仮)スクープ写真
  • ポルシェ カイエンクーペ(仮)スクープ写真
  • ポルシェ カイエンクーペ(仮)スクープ写真
  • ポルシェ カイエンクーペ(仮)スクープ写真
  • ポルシェ カイエンクーペ(仮)スクープ写真
  • ポルシェ カイエンクーペ(仮)スクープ写真
  • ポルシェ カイエンクーペ(仮)スクープ写真
  • ポルシェ カイエンクーペ(仮)スクープ写真
ポルシェのフラッグシップ・クロスオーバーSUV、『カイエン』の派生モデルとなる『カイエンクーペ』(仮称)がニュルで高速テストを開始した。

約2か月振りに捉えた最新の開発車両だが、以前とほぼ同じカモフラージュが施されている。しかし、謎のリアウイングの存在を確認。通常ならルーフ後端に着くが、ハッチバックのほぼ中央に付けられている。さらに今回、高速時に起動していることも確認することができた。

フロントマスクは、カイエンとほぼ同じデザインが予想される。違いは何と言ってもBピラー上部から曲線を描き、一気にトランクリッドまで伸びるファストバック・ルーフだ。また完全に偽装されたテールライトもクーペ専用デザインが予想される。

これまでのテスト車両では、後部座席に2つのヘッドレストしかなく、4人乗りレイアウトになっている。しかし、5人レイアウトの設定も予想される。

初めて捉えたキャビンには、インターネット接続可能な「ポルシェ・コネクト」を備える12.3インチタッチスクリーン・インフォテインメントシステムを装備しており、カイエンから多くのデザインを取り入れているようだ。

パワートレインは、2.9リットルV型6気筒ガソリンエンジンの他、4リットルV型8気筒+電気モーターのハイブリッドモデルのラインアップが予想され、最高出力は680psを発揮。8速ティプトロニックSオートマチックトランスミッションと組み合わされる。駆動方式は全輪駆動が標準装備となると思われる。

ワールドプレミアの場は、2019年のモーターショーか。

謎のアクティブ・ウィング起動…ポルシェ カイエンクーペ、コックピットも激写!

《子俣有司@[email protected]レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top