ジェームズ・キャメロン製作『アリータ』新予告!12月21日公開【動画】 | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

ジェームズ・キャメロン製作『アリータ』新予告!12月21日公開【動画】

映画 公開情報

『アリータ:バトル・エンジェル』(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『アリータ:バトル・エンジェル』(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
  • ジェームズ・キャメロン-(C)Getty Images
  • 『アリタ:バトル・エンジェル』(C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation  
  • ローサ・サラザール-(C)Getty Images
SF漫画の最高峰、木城ゆきとによる「銃夢」を、長年に渡り映画化を切望してきた巨匠ジェームズ・キャメロン製作・脚本で映画化するの日本公開日が、このほど12月21日(金)に決定。併せて、本作の予告編も到着した。

本作は数百年先の未来を舞台に、記憶を失ったサイボーグの少女アリータ(ローサ・サラザール)の成長を描く。自分の過去も、自分がいる世界についての記憶も一切ないが、あるとき、自分が持つ並外れた戦闘能力に気付き、自らの出生の秘密を見つけようと決意。その過程で世界の腐敗に気づき、世界を変えようと挑むが…。

【予告編】“最終兵器”!? アリータのバトルシーンも登場


今回到着した予告編は、アリータが<アイアン・シティ>のスクラップの山の中で、奇跡的に脳だけが無傷の状態で発見されるところからスタートする。サイバー医師のイド博士(クリストフ・ヴァルツ)によって、新たなサイボーグの体を与えられた記憶のないアリータは、“特別な繋がりを感じる”という体を見つけ、博士に問い詰めるも真相を隠されてしまう…。

しかし、謎の男ベクター(マハーシャラ・アリ)は「300年前に失われたはずの“最終兵器”。彼女は世界の秩序を脅かす」とその驚異を明かしている。映像では、そんな兵器として作られたアリータを破壊しようと、凶悪な殺人サイボーグたちが次々と襲い掛かるも、アリータは驚異的な格闘スキルで相手を圧倒する。本編ではさらなるスピード感満載のアクションシーンが期待される。


ジェームズ・キャメロン、緊急ライブで『アリータ』への自信を語る!


日本時間の24日0時、 ジェームズ・キャメロンと長年彼の製作パートナーを務めてきたジョン・ ランドー、ロバート・ロドリゲス監督、そしてヒロインのアリータを演じたローサ・サラザールが緊急ライブを実施。日本を含む32か国に同時配信された本ライブでは、全世界のファンから集まった質問にリアルタイムで回答した。

キャメロンが公の場で本作について語る初の場となった今回。「原作は、斬新で創造的で最先端、美しく、恐ろしく、驚異的だ」と原作を絶賛し、「木城さんが作った世界を映画に収まる範囲で最大限映画にした」と本作への自信を覗かせた。さらに木城氏がセットを訪れた際、アリータが机を叩くシーンを撮影していたと言い、「あのシーンは原作からそのまま取ったものだ、同じ絵が原作にある」と予告編にも登場したシーンについて語っている。

ローサ、“CG”ヒロインは「普通の女の子」


またアリータは、原作漫画をリスペクトする製作陣のこだわりにより、モーション・キャプチャーによるCGで製作されている。ローサは「作品に出演しているとモーション・キャプチャーであることを忘れてしまうように、アリータはたまたまサイバネティック製の体を持ち、ひどく忘れられない過去を持っているというだけなの。アリータは普通の女の子よ。私と同じで様々な感情がある。サイバネティックでの部分以外は共感できるわ」とコメントしている。

『アリータ:バトル・エンジェル』は12月21日(金)より全国にて公開。

ジェームズ・キャメロン製作『アリータ』公開日決定&新予告、世界へ向けた緊急ライブも実施

《cinemacafe.net》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top