レオーネや初代フォレスターなど、スバルSUVの歴史を紹介予定…幕張メッセで8月3日より | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

レオーネや初代フォレスターなど、スバルSUVの歴史を紹介予定…幕張メッセで8月3日より

自動車 社会

スバル レオーネ4WD エステートバン(1972年)
  • スバル レオーネ4WD エステートバン(1972年)
  • スバル・フォレスター新型《撮影 雪岡直樹》
SUBARU(スバル)は、8月3日から5日までの3日間、幕張メッセで開催される「オートモビルカウンシル 2018」に出展する。

今年で3年目を迎えるオートモビルカウンシルは、新旧問わずクルマの魅力を伝えることで、日本の自動車文化の拡充に貢献することを目的としたイベント。「クラシック ミーツ モダン」をテーマに、世界の自動車メーカーのオリジン、ヒストリーを展示し、過去から現代に至るブランド固有のフィロソフィー、魅力にスポットライトを当てる。

今回スバルは、「SUBARU SUV STORY ~量産初の乗用AWDをつくった、SUBARU SUVの進化の系譜~」をテーマとした展示を行う。4WDと言えばジープタイプという常識を覆した「レオーネ4WDエステートバン」(1972年発売)、ワゴンベースSUVのパイオニアとして登場した「レガシィグランドワゴン」(1995年発売)に加え、スバルの世界最量販モデルに成長したSUV 「フォレスター」の初代モデル(1997年発売)と最新型を展示し、スバルSUVの進化の歴史を紹介する。

スバルSUVの歴史を紹介予定…オートモビルカウンシル2018

《纐纈敏也@[email protected]レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top