725馬力のアストンマーティン「DBSスーパーレッジェーラ」 、初走行を披露[動画] | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

725馬力のアストンマーティン「DBSスーパーレッジェーラ」 、初走行を披露[動画]

アストンマーティンは7月12~15日、英国で開催された「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」(Goodwood)のヒルクライムにおいて、『DBSスーパーレッジェーラ』(Aston Martin DBS Superleggera)を初走行させた。

自動車 ニューモデル
アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(グッドウッド2018)
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(グッドウッド2018)
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(グッドウッド2018)
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(グッドウッド2018)
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(グッドウッド2018)
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(グッドウッド2018)
アストンマーティンは7月12~15日、英国で開催された「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」(Goodwood)のヒルクライムにおいて、『DBSスーパーレッジェーラ』(Aston Martin DBS Superleggera)を初走行させた。

DBSスーパーレッジェーラは、アストンマーティンとイタリアのカロッツェリアトゥーリングが共同開発。かつて、アストンマーティンとカロッツェリアトゥーリングのコラボレーションにより、『DB4』、『DB5』、『DB6』と続くDB シリーズへの道が切り拓かれてきた。

DBSスーパーレッジェーラは、カロッツェリアトゥーリングの軽量構造テクノロジーに敬意を表して開発。アストンマーティンのスポーツカーラインナップにおいて、頂点に位置するモデルになる。

DBSスーパーレッジェーラには、5.2リットルV型12気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。最大出力725ps/6500rpm、最大トルク91.8kgm/1800~5000rpmという力強いパワー&トルクを引き出す。

トランスミッションはZF製の8速AT。カーボンファイバーやアルミなどの素材を採用し、乾燥重量は1693kgに抑えられた。その結果、DBSスーパーレッジェーラは、0~100km/h加速3.4秒、最高速340km/hの性能を実現した。

このDBSスーパーレッジェーラが、グッドウッド名物のヒルクライムで初走行。全長1.9kmのコースで、725psのパワーを生かした豪快な走りを披露している。

アストンマーティン、725psの DBSスーパーレッジェーラ が初走行…グッドウッド2018[動画]

《森脇稔@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top