【試乗記】ボルボ XC60 ディーゼル、乗るたびに熟成度が上がっているのを感じる…諸星陽一 | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

【試乗記】ボルボ XC60 ディーゼル、乗るたびに熟成度が上がっているのを感じる…諸星陽一

ボルボの大ヒットモデルである『XC60』にディーゼルエンジンを搭載、フルタイム4WDの駆動方式を採用する「XC60 D4 AWD」が登場した。

自動車 ニューモデル
ボルボ XC60 D4 AWD
  • ボルボ XC60 D4 AWD
  • ボルボ XC60 D4 AWD
  • ボルボ XC60 D4 AWD
  • ボルボ XC60 D4 AWD
  • ボルボ XC60 D4 AWD
  • ボルボ XC60 D4 AWD
  • ボルボ XC60 D4 AWD
  • ボルボ XC60 D4 AWD
ボルボの大ヒットモデルである『XC60』にディーゼルエンジンを搭載、フルタイム4WDの駆動方式を採用する「XC60 D4 AWD」が登場した。

XC60は上質な乗り味を持つミドルクラスのSUVとして知られているが、今回のディーゼルエンジン搭載でその質感はさらにアップしたと言える。搭載されるディーゼルエンジンは2リットルの4気筒で、最高出力は190馬力、最大トルクは400Nmとなる。この最大トルクは1750回転から2500回転という低い回転数で発生するもので、XC60のキャラクターにあったトルクカーブを持っている。

ガソリンエンジンを積むXC60はシャープな吹け上がりのエンジンで、キビキビした走りを見せ、SUVでありながらスポーツカーやスポーツセダンのような印象すら受けるが、このディーゼルエンジンはごくごく低速からグッと盛り上がるトルクが気持ちのいいフィールでSUVらしい余裕を感じることができる。

最高出力ではT5のほうが上で、おそらくヨーロッパの高速道路で追い越しをしながら走って行くようなシチュエーションでは、T5のほうが気持ちよく走れるはずだが、ほとんどの高速道路の制限速度が100km/h以下の日本ではこのD4でも十分過ぎるほどのトルク感がある。

ボルボのACCはレーンキープの正確さも高く、高速道路を走っているとじつに快適。こうした定常走行の際はトルク変動の少ないディーゼルエンジンの特性がよく出て、じつに快適なドライブを楽しむことができる。

このXC60は日本でのデビューから半年程度しか過ぎていないが、乗るたびに熟成度が上がっている感じがする。クルマを作り慣れてきたとかそういった印象だ。こうしたことも踏まえて現状のXC60のなかではもっともいい印象となっているのがこのD4 AWDだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

諸星陽一|モータージャーナリスト
自動車雑誌の編集部員を経て、23歳でフリーランスのジャーナリストとなる。20歳代後半からは、富士フレッシュマンレースなどに7年間参戦。サーキットでは写真撮影も行う、フォトジャーナリストとして活動中。趣味は料理。

【ボルボ XC60ディーゼル 新型試乗】乗るたびに熟成度が上がっているのを感じる…諸星陽一

《諸星陽一@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top