BMW M2「Mパフォーマンスパーツコンセプト」発表!60kg以上軽量化に | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

BMW M2「Mパフォーマンスパーツコンセプト」発表!60kg以上軽量化に

BMWは7月11日、『M2クーペ』の「Mパフォーマンスパーツコンセプト」を発表した。実車は6月12日(日本時間6月13日)、英国で開幕する「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」で初公開される予定。

自動車 ニューモデル
BMW M2クーペ Mパフォーマンスパーツコンセプト
  • BMW M2クーペ Mパフォーマンスパーツコンセプト
  • BMW M2クーペ Mパフォーマンスパーツコンセプト
  • BMW M2クーペ Mパフォーマンスパーツコンセプト
  • BMW M2クーペ Mパフォーマンスパーツコンセプト
  • BMW M2クーペ Mパフォーマンスパーツコンセプト
  • BMW M2クーペ Mパフォーマンスパーツコンセプト
  • BMW M2クーペ Mパフォーマンスパーツコンセプト
  • BMW M2クーペ Mパフォーマンスパーツコンセプト
BMWは7月11日、『M2クーペ』の「Mパフォーマンスパーツコンセプト」を発表した。実車は6月12日(日本時間6月13日)、英国で開幕する「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」で初公開される予定。

Mパフォーマンスパーツは、BMWの純正用品の新シリーズ。BMWの子会社で『M3』や『M5』などの開発・生産を手がけるM社が、BMW主力車のスポーツ性能を引き上げる目的で用意したアイテム群。すでに、『3シリーズ』、『5シリーズ』、『6シリーズ』、『1シリーズ』などに、Mパフォーマンスパーツが設定済み。

『2シリーズクーペ』の最強グレード、M2クーペをベースに今回開発されたMパフォーマンスパーツコンセプトは、ノーマル状態でも高性能を発揮するM2クーペのスポーツ性を、さらに強化しているのが特徴。

Mパフォーマンスパーツコンセプトでは、軽量なカーボンファイバー製の専用パーツを開発。ルーフやボンネット、グリル、フロントサイドパネル、フロントウイングレット、サイドシルウィングレット、トランクリッド、ディフューザーなどにカーボンファイバーを使用。これにより、ベース車両に対して60kg以上の軽量化を果たす。

室内では、前後シートにカーボンファイバーやアルカンターラを使用して軽量化。足回りはMパフォーマンスサスペンションで強化。14kg軽い専用バッテリーも搭載されている。

BMW M2にMパフォーマンスパーツコンセプト、60kg以上軽量化…グッドウッド2018に出品予定

《森脇稔@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top