メルセデス燃料電池カー「スプリンターF-CELL」を発表!航続距離は500km | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

メルセデス燃料電池カー「スプリンターF-CELL」を発表!航続距離は500km

自動車 テクノロジー

メルセデスベンツ・コンセプト・スプリンターF-CELL
  • メルセデスベンツ・コンセプト・スプリンターF-CELL
  • メルセデスベンツ・コンセプト・スプリンターF-CELL
  • メルセデスベンツ・コンセプト・スプリンターF-CELL
メルセデスベンツは7月2日、燃料電池コンセプトカー、『コンセプト・スプリンターF-CELL』を発表した。

メルセデスベンツはSUVの『GLC』をベースにした燃料電池車として、『GLC F‐CELL』を開発中。そのノウハウを、今度はメルセデスベンツの主力商用車、『スプリンター』に拡大展開。コンセプト スプリンター F-CELLが開発された。

コンセプト・スプリンターF-CELLの大きな特徴は、GLC F‐CELL同様、外部充電が可能なプラグイン機能付きの燃料電池車という点。バッテリーは、家庭および充電ステーションで充電できる。

コンセプト・スプリンターF-CELLのモーターは、最大出力200hp、最大トルク35.7kgmを発生。バッテリーはリチウムイオン。最大30kmのゼロエミッション走行を実現する。

また、3本の水素タンクは床下に配置。強固なカーボンファイバー製のタンクには、およそ4.5kgの水素が高圧で充填される。30kmのEVモードに加えて、水素と酸素で発電することにより、最大500kmの航続を可能にする、としている。

メルセデスのプラグイン燃料電池車、商用車に拡大展開…航続最大500km

《森脇稔@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top