テスラのEVトラック『セミ』に「マッドマックス」モード…自動運転のブラインドスポットに設定へ | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

テスラのEVトラック『セミ』に「マッドマックス」モード…自動運転のブラインドスポットに設定へ

テスラのイーロン・マスクCEOは6月25日、同社初の電動トラックの『セミ』に「マッドマックスモード」を採用すると発表した。

自動車 テクノロジー
テスラの電気トラック、セミ
  • テスラの電気トラック、セミ
  • テスラセミに「マッドマックスモード」を採用すると発表したイーロン・マスクCEO
テスラのイーロン・マスクCEOは6月25日、同社初の電動トラックの『セミ』に「マッドマックスモード」を採用すると発表した。

セミはトレーラーの牽引に用いられるトレーラーヘッドのEV。電動パワートレインには、テスラのEVセダン、『モデル3』用がベースのモーターを4個、リアアクスルに独立して搭載。0~96km/h加速は5秒と、同クラスのディーゼルトラックの15秒に対して、大幅な性能向上を可能にする。

1回の充電での航続は、およそ483~805km。新開発の急速チャージャーを利用すれば、およそ640km走行分のバッテリー容量を30分で充電できる。生産開始は2019年を予定。

テスラのイーロン・マスクCEOは今回、このセミにマッドマックスモードを採用すると発表。これは、映画『マッドマックス』シリーズに由来するもの。マスクCEOによると、マッドマックスモードは、自動運転の「オートパイロット」の「ブラインドスポット」の設定モードのひとつ。標準、アグレッシブ、そしてマッドマックスの3種類のモードから選択できる、としている。

Tesla Semi Truck in Mad Max Mode

— Elon Musk (@elonmusk)

テスラの電動トラック『セミ』に「マッドマックス」モード…自動運転のブラインドスポットに設定へ

《森脇稔@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top