ダイハツ 新型ミラ トコット、エントリーユーザーをターゲットに107万4600円より | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

ダイハツ 新型ミラ トコット、エントリーユーザーをターゲットに107万4600円より

自動車 ニューモデル

ダイハツ ミラ トコット G“SAIII
  • ダイハツ ミラ トコット G“SAIII
  • ダイハツ ミラ トコット G“SAIII
  • ダイハツ ミラ トコット G“SAIII
  • ダイハツ ミラ トコット G“SAIII
  • ダイハツ ミラ トコット発表会
  • ダイハツ ミラ トコット X“SAIII
  • ダイハツ ミラ トコット X“SAIII
  • ダイハツ ミラ トコット X“SAIII
ダイハツは、若年女性エントリーユーザーなどをターゲットとした新型軽乗用車『ミラ トコット』を6月25日より発売した。

ミラ トコットは、「誰でもやさしく乗れる、エフォートレスなクルマ」をコンセプトとし、幅広い層に日々のモビリティライフをより安心して過ごしてもらいたいとの想いを込めて開発した新型軽乗用車。ダイハツ女性社員で構成されたプロジェクトチームが企画に参画し、顧客視点でのコンセプトや採用アイテムに関する意見を反映させた。

ハイトタイプの軽自動車が人気を集める中、ミラ トコットは全長3395×全幅1475×全高1530(4WDは1540)mmと、軽乗用車のベーシックモデル『ミラ イース』と同等のコンパクトサイズとした。

さらに、運転に不慣れなエントリーユーザーも気軽に安心して乗ることができるよう、車両感覚がつかみやすく死角の少ないパッケージを実現するとともに、充実した安全・安心装備を採用。衝突回避支援システム「スマートアシストIII」の採用に加え、SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンシールドエアバッグを軽自動車として初めて全車標準装備した。

エクステリアは、水平基調のスタイルや、見切りの良いボディで、デザイン性と運転のしやすさを両立。角の取れたやさしいスクエアボディで、親しみやすく扱いやすいイメージを演出しつつ、フロントとリヤの丸いランプで個性を表現した。

インテリアは、セラミックホワイトのインパネガーニッシュでやさしく柔らかな印象を演出。シート背もたれ部は明るいベージュ、シート座面は茶色を配色した2色のコンビネーションカラーフルファブリックシートを採用し、明るい印象とともに汚れが目立ちにくい配慮で、日常での使いやすさを実現している。そのほか、USB電源ソケットやシートヒーター、バニティミラー、IR&UVカットガラスなど、女性を意識した快適装備を充実させている。

カラーはセラミックグリーンメタリックなど新色3カラーを含む全8色を設定。価格は107万4600円から142万5600円。初めてクルマを購入する若年層などに配慮した、軽自動車ならではの価格設定とした。そのほか、シンプルなベース車両に対し、個性を際立たせる3種類の「アナザースタイルパッケージ」を設定。好みのスタイルへのコーディネートも可能とした。

ダイハツ ミラ トコット 発表、エントリーユーザー向けの新型軽乗用車 107万4600円より

《纐纈敏也@[email protected]レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top