アウディA6オールロード クワトロ新型を目撃...アバントからハードウェアを継承 | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

アウディA6オールロード クワトロ新型を目撃...アバントからハードウェアを継承

アウディ『A6アバント』をベースとしたクロスオーバーモデル『A6オールロードクワトロ』次期型を、初めて撮影することに成功した。カモフラージュからはアバントとの識別が難しいが、よく見ればその違いが見えてくる。

自動車 新車スクープ
アウディ A6オールロードクワトロ 次期型スクープ写真
  • アウディ A6オールロードクワトロ 次期型スクープ写真
  • アウディ A6オールロードクワトロ 次期型スクープ写真
  • アウディ A6オールロードクワトロ 次期型スクープ写真
  • アウディ A6オールロードクワトロ 次期型スクープ写真
  • アウディ A6オールロードクワトロ 次期型スクープ写真
  • アウディ A6オールロードクワトロ 次期型スクープ写真
  • アウディ A6オールロードクワトロ 次期型スクープ写真
  • アウディ A6オールロードクワトロ 次期型スクープ写真
アウディ『A6アバント』をベースとしたクロスオーバーモデル『A6オールロードクワトロ』次期型を、初めて撮影することに成功した。カモフラージュからはアバントとの識別が難しいが、よく見ればその違いが見えてくる。

1999年に初代が登場したオールロードクワトロ(A6の冠はつかない)は、2005年に2代目、2012年の3代目と進化してきた。今回アルプス山脈で捉えた4代目となる次期型の開発車両は一見ノーマルのアバントだが、リフトアップされたボディに、フェンダーフレアやサイドスカートを装備していることからオールロードクワトロであることは間違いない。

また、6本の垂直クロムストリップを持つグリルや、アバントとは異なるルーフレールも特徴的だ。

次期型のボディは大型化され、荷室容量は565リットルに。40対20対40の3分割式の後席を倒せば、最大で1680リットルに拡大される。キャビンには、12.3インチのデジタルメーター・クラスタ、10.1インチのインフォテイメント・システム、8.6インチのタッチスクリーン、最新世代の「MMIタッチレスポンス」などのハイテクインテリアが期待出来る。

パワートレインは、最高出力340psを発揮する3リットルV型6気筒TFSIエンジン、及び最高出力286psを発揮する3リットルV型6気筒TDIエンジンが予想され、フルタイム4WDクワトロと組み合わされる。さらに進化した最新「アダプティブエアサスペンション」を搭載し、あらゆる路面にアジャストする走りを実現する。

ワールドプレミアは、2019年以降となるだろう。

アウディ A6、次期型にも「オールロードクワトロ」の存在を確認

《子俣有司@[email protected]レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top