スズキが新型「通勤快速」を発売へ…軽量コンパクトな125ccスクーター『スウィッシュ』 | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

スズキが新型「通勤快速」を発売へ…軽量コンパクトな125ccスクーター『スウィッシュ』

スズキは、新型125ccスクーター『スウィッシュ』を6月26日より、寒冷時の快適性を高めた『スウィッシュリミテッド』を9月21日より発売する。

話題 新商品
スズキ スウィッシュ(トリトンブルーメタリック)
  • スズキ スウィッシュ(トリトンブルーメタリック)
  • スズキ スウィッシュ(トリトンブルーメタリック)
  • スズキ スウィッシュ(キャンディダーリングレッド)
  • スズキ スウィッシュ(キャンディダーリングレッド)
  • スズキ スウィッシュ(パールブレーシングホワイト)
  • スズキ スウィッシュ(パールブレーシングホワイト)
  • スズキ スウィッシュ(グラススパークルブラック)
  • スズキ スウィッシュ(グラススパークルブラック)
スズキは、新型125ccスクーター『スウィッシュ』を6月26日より、寒冷時の快適性を高めた『スウィッシュリミテッド』を9月21日より発売する。

スウィッシュは、「軽快に」「スタイリッシュに」「便利に」をキーワードに開発した、新型の原付二種スクーター。通勤や通学における使い勝手の良さを追求し、取り回しの良いコンパクトな車体と前後10インチのタイヤを採用する。昨秋の東京モーターショーにも参考出品され、かつて「通勤快速」の異名でベストセラーとなった『アドレスV125』の後継として注目を集めた。

パワーユニットは、最高出力9.4ps、最大トルク10.0Nmを発生し、力強い加速性能と優れた燃費性能(51.0km/リットル・60km/h定地燃費)を両立した124cc空冷2バルブ単気筒エンジンを搭載。足回りには、タンデムや積載状況に合わせ、3段階のスプリング調整が可能なリヤサスペンションを装備し、快適な乗り心地を実現する。

外観は、スズキスポーツバイク共通イメージの縦型2灯LEDヘッドランプによる個性的なフロントビューや、フロントからリヤまで滑らかに流れるシャープなラインで様々な街に似合うスタイリッシュなデザインとした。また、フルフェイスヘルメットが収納できる大容量のシート下トランクスペースや500mlのペットボトル2本が入るフロントインナーラック、USB電源ソケットなどの便利な機能や装備を充実させた。

スウィッシュ リミテッドでは加えて、手元の防風効果を高めるナックルバイザーや、指先の冷えを和らげるグリップヒーター、自動温度制御装置搭載のシートヒーターを装備することで、寒い季節でも快適な走りを実現した。

車体色は、青「トリトンブルーメタリック」、赤「キャンディダーリングレッド」、白「パールブレーシングホワイト」、黒「グラススパークルブラック」の4色を設定。価格はスウィッシュが31万8600円、スウィッシュ リミテッドが34万0200円。
《纐纈敏也@[email protected]レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top