アルファロメオ、700馬力の「8C」や600馬力の「GTV」など近未来5年計画を発表! | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

アルファロメオ、700馬力の「8C」や600馬力の「GTV」など近未来5年計画を発表!

自動車 新車スクープ

アルファロメオ 5年間の新型情報
  • アルファロメオ 5年間の新型情報
  • アルファロメオ 5年間の新型情報
  • アルファロメオ 5年間の新型情報
  • アルファロメオ 5年間の新型情報
  • アルファロメオ 5年間の新型情報
  • アルファロメオ 5年間の新型情報
アルファロメオは、2018年から2022年までの5年間における、新型モデル・ロードマップを発表した。それによると、合計7モデルの新型モデルを計画しており、うち6台はプラグインハイブリッドになるという。

中でも注目は2ドア・スポーツクーペ、『8C』新型の登場だ。2007年に量産モデルが発売された「8C」は、4.7リットルV型8気筒NAエンジンを搭載し、最高出力450ps、最大トルク470Nmを発揮する。限定生産500台で、日本には70台が輸入されたが、日本初公開の時点では既に完売と絶大な人気を誇ったモデルでもある。新型では、カーボンファイバーのモノコックシャシーを採用。ミッドシップのプラグインハイブリッドで、排気量は不明だが最高出力は700ps、3秒以内で100k/hに到達するスーパーカーになると言う。

1996年から2006年まで日本で発売されたスポーツクーペ、『GTV』の復活もスポーツカーファンには必見だろう。低いフロントノーズからキックアップした高いテールを結ぶキャラクターラインは強いインパクトを残した。「GTV」はグラン・ツーリスモ・ヴェローチェの略で、高速GTカーを意味する。現在は存在しない、アルファロメオ伝統の名称が帰ってくる。当時のトップモデル・パワートレインは3リットルV型6気筒エンジンで、最高出力は240psを発揮した。

新型では、前後重量を50 : 50に配分し、4シーターのハイブリッドとなる。注目は、「E-Boost」テクノロジーと4輪駆動のトルクベクタリングを備え、最高出力は600psを超えると言う。実質、『ジュリア』のクーペバージョンとなり、BMW『M4』、アウディ『RS5』など強豪モデル以上のパフォーマンスとなりそうだ。

上記2台の他、コンパクトSUV、『ステルヴィオ』の上位に位置する旗艦SUV、「ジュリア」及び「ステルヴィオ」の改良新型などが予定されているようだ。日本に比べ、新型モデルの動きが活発な欧州の中でも、アルファロメオが今後最も注目すべきメーカーの一つになるのは間違いないだろう。
《Gept-tw.info 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top