レスポンスがファン感謝デーを初開催…スーパーカーショーやスバル自動ブレーキ体験を実施 | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

レスポンスがファン感謝デーを初開催…スーパーカーショーやスバル自動ブレーキ体験を実施

話題 イベント

筑波サーキット・カーフェスティバル2018(2018年5月5日)
  • 筑波サーキット・カーフェスティバル2018(2018年5月5日)
  • 筑波サーキット・カーフェスティバル2018(2018年5月5日)
  • 筑波サーキット・カーフェスティバル2018(2018年5月5日)
  • 筑波サーキット・カーフェスティバル2018(2018年5月5日)
  • 筑波サーキット・カーフェスティバル2018(2018年5月5日)
  • 筑波サーキット・カーフェスティバル2018(2018年5月5日)
  • 筑波サーキット・カーフェスティバル2018(2018年5月5日)
  • 筑波サーキット・カーフェスティバル2018(2018年5月5日)
2018年で創立19年目を迎えた自動車総合ニュースメディア『レスポンス』は5月5日、筑波サーキット(茨城県下妻市)でファン感謝デーを初開催した。

同日は『筑波サーキット・カーフェスティバル2018(略称:筑フェス)』も共同開催され、オールドカーファンや家族連れが多数会場に訪れている。レスポンスは昨年限りで閉幕となった筑フェスの前身イベント『オールドナウ・カーフェスティバル』で3年連続のブース出展を行ったが、今回もさまざまな企画を用意。メーカーらと協力して、来場者たちに「クルマの楽しさ」などを伝えた。

もっとも注目を集めたのはSuper Car Club Japanおよび日本スーパーカー協会によるスーパーカーショーだ。フェラーリ、ランボルギーニ、マセラティ、ポルシェなど一台だけでも存在感のあるスーパーカーが大集合。駐車場に所狭しと並ぶ景色には思わず息を呑んだ。また子供限定だがオーバスコースを使ったスーパーカー同乗試乗も3回実施され、人気を呼んでいた。




子供たちには陸上自衛隊による『七十三式小型トラック』の展示も好評だった。街中ですれ違うことはあってもなかなか間近で見る機会のない「陸自のトラック」に興味津々。さらにミニ制服試着体験も実施され、記念撮影では笑顔が続いた。自衛隊の隊員は陸海空からそれぞれ数名がブースに待機しており、活動内容やより親しみを持ってもらえる場として来場者とのコミュニケーションを楽しんでいた。




スバルは先進安全機能アイサイト技術(ver.3)を搭載した『レヴォーグ』を用意して、「プリクラッシュブレーキ」の体験会を実施。今回に限らず「多くの人にスバルの安全機能を知ってもらいたい」と全国各地で行われているものだが、この日も家族連れを中心に30分待ちのにぎわいを見せていた。



男性陣はスポーツ電気自動車(EV)の『トミーカイラZZ』同乗試乗に列をなした。目に鮮やかなイエローのコンパクトボディが印象的な2シーターの同車だが、試乗した来場者たちは口々に「加速感がスゴい」と絶賛。筆者も体験したが「乗ってこそわかる」とはまさにこのことで、EVならではの静寂さと加速性能を味わうことができた。トミーカイラZZを開発・販売するGLMにとって絶好のアピールとなった。



またメルセデスベンツの『Sクラス』による「リモートパーキングアシスト」の実演も行われた。専用アプリを利用することで車外から自動運転を可能にした機能で、参加者はSクラスに乗って並列駐車や縦列駐車の自動駐車デモを体験した。スマートフォンで操作できることに驚きの声があがっていた。


レスポンスブースではテスラモーターズジャパンのクロスオーバーSUV『モデルX』と英国のオープンカー『モーガン 4/4』を展示。後部ドアに鳥が翼を広げるような開閉システム「ファルコンウィングドア」を採用したモデルX。発表から1年半ほど経つが、まだまだ物珍しさもあってか開閉するとすぐ人だかりができていた。モーガン 4/4は対照的に古き良き時代のデザインで、オールドカーファンが足を止めていた。




ブースにはCUSCOジュニアラリーチーム・イメージキャラクター「高崎くす子」が応援に駆けつけた。高崎くす子に扮したのは永原芽衣さん(アップガレージ ドリフトエンジェルス)と東堂ともさん。レスポンス公式プラスチックキットのミニカーやマツダ『ロードスター』のペーパークラフトなどを配布した。


「子供の日ということもあってお子さんがたくさん来てくださいました。家に帰ってからも組み立てて楽しんでいただけたらいいですね」と永原さん。7月の群馬パーツショー2018でも高崎くす子として登場する予定。

レースでの仕事は経験しているがファンイベントは初めてだったという東堂さんは、「男の子たちが目を輝かせてクルマを見てる姿に私も嬉しくなりました!」と笑った。高崎くす子として次回は5月31日から始まるスーパー耐久シリーズ2018第3戦(静岡県・富士スピードウェイ)に参加予定だ。


レスポンスの宮崎壮人編集長はイベントについて、「子供から大人、ご家族でクルマを楽しんでいただくきっかけができればという思いがあったので、そういう意味で盛り上がりを作れたかな」と振り返った。

「多くのお客様に来ていただけました。バリエーションのあるイベントとして初めてやりましたが“レスポンスの色"は出したかった。スバルさんの自動ブレーキとメルセデスさんの自動駐車の実演をやらせていただき、そこは大人も子供も楽しんでもらえたようでよかったと思います。私たちは普段はニュースを扱っていますが、やはりクルマに興味を持ってもらうことがこれからの自動車業界の発展になると思います」

来年で20周年を迎えるレスポンス。単独でのイベント開催も検討中だという。

レスポンスがファン感謝デーを開催、スーパーカーショーやスバル自動ブレーキ体験を実施…筑フェス2018

《五味渕 秀行@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top