三菱 デリカ 50周!「サターン」エンジン搭載の2代目で「4WD」イメージを確立[特集写真] | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

三菱 デリカ 50周!「サターン」エンジン搭載の2代目で「4WD」イメージを確立[特集写真]

2代目三菱『デリカ・スターワゴン』は1979年6月に発売。ボクシースタイルで小型車全幅枠いっぱいに拡大したボディに、「サターン」エンジン(1.4リットル、1.6リットル)を搭載した。

自動車 スポーツ・エンタメ
2代目三菱デリカ
  • 2代目三菱デリカ
  • 2代目三菱デリカ
  • 2代目三菱デリカ
  • 2代目三菱デリカ
  • 2代目三菱デリカ
  • 2代目三菱デリカ
  • 2代目三菱デリカ
  • 2代目三菱デリカ
2代目三菱『デリカ・スターワゴン』は1979年6月に発売。ボクシースタイルで小型車全幅枠いっぱいに拡大したボディに、「サターン」エンジン(1.4リットル、1.6リットル)を搭載した。

1982年10月には、小型キャブオーバー車として日本初となる4WD車(1.8リットルガソリン)を追加した。同時に、ロングボディ車やディーゼルエンジン(2.3リットル)も追加し、レクリエーションナル・ビークルとして多様化する需要に対応した。

4WDシステムは、初代『パジェロ』に搭載された、ハイ/ローレンジの切換えができるトランスファーを採用したパートタイム方式。2代目デリカ4WD車は、グリルガードと高い車高が市場にインパクトを与え、デリカ=4WDのイメージを築いた。

スターワゴンでは、特定のレジャー向けの特別仕様車が誕生した。ほぼ毎年発売している、スキー仕様車「シャモニー」の初代は、1985年10月に設定された。


1979年6月 フルモデルチェンジ
1980年5月 ハイルーフ、サンルーフ車追加
1981年9月 AT車追加、対座シート、パワーステアリングを装備
1982年10月 4WD車追加。ロングボディ車、ディーゼルエンジンも追加
1983年11月 4WD車に2.0リットルガソリンエンジン搭載。2連メーター(高度計・傾斜計)の採用など一部改良
1984年2月 4WD車に2.3リットルディーゼルターボ追加
1985年2月 フロントガーニッシュの変更など

三菱 デリカ 50周年…2代目で「4WD」イメージを確立[写真蔵]

《高木啓@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top