ヴィエロン超えの加速力!ポルシェ911ターボ新型、ワイドな生産型ボディをニュルで披露 | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

ヴィエロン超えの加速力!ポルシェ911ターボ新型、ワイドな生産型ボディをニュルで披露

自動車 新車スクープ

ポルシェ 911ターボ 次期型スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボ 次期型スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボ 次期型スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボ 次期型スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボ 次期型スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボ 次期型スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボ 次期型スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボ 次期型スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボ 次期型スクープ写真
ポルシェ『911』次世代型(992型)に設定されるハイパフォーマンスモデル、『911ターボ』新型が開発テストの聖地、ニュルブルクリンク北コース(通称グリーンヘル)に姿を見せた。

フロントバンパーの大吸気口と、LEDデイタイムランニングライト周辺のカモフラージュを覗いてほぼフルヌード状態で出現した新型プロトタイプは、ワイドなサイドシル、冷却効果が向上したサイド・エアインレット、996型(2002年~2004年)以来となる「フラップタイプ」ドアノブが見て取れる。またリアビューでは、大型化されたエアアウトレットやアクティブ・リアウィング、新デザインのスポイラーやLEDストリップテールライトが装着されている。

新型では、最新世代の「MMB」プラットフォームを採用。トレッドがワイド化され、高速での安定性向上が図られるが、ホイールベースと全長はほとんど変化はないと見られる。

室内には、アウディの「バーチャルコックピット」に近いシステムを利用。アナログタコメーター以外は、デジタル・インストルメント・クラスタが採用されることになるだろう。

その心臓部には、3リットル水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は600psを叩き出す。また最高速度は320km、0-100km/h加速は2.5秒に迫るとレポートされており、ブガッティ『ヴェイロン16.4グランスポーツ』の2.6秒さえも凌駕するパフォーマンスが予想される。

ワールドプレミアは、「911」新型が予想どおり今秋ならば、「911ターボ」は2019年3月のジュネーブモーターショーが有力となるだろう。

ヴェイロン超える加速力…ポルシェ 911ターボ、ワイドな次期型ボディを披露

《子俣有司@[email protected]レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top