680馬力!ベントレー最強PHEVサルーン、2019年登場か | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

680馬力!ベントレー最強PHEVサルーン、2019年登場か

ベントレーの最速4ドアサルーン、『フライングスパー』次期型に設定が確実視されているPHEVモデルを初めてカメラが捉えた。

自動車 新車スクープ
ベントレー フライングスパーPHEV スクープ写真
  • ベントレー フライングスパーPHEV スクープ写真
  • ベントレー フライングスパーPHEV スクープ写真
  • ベントレー フライングスパーPHEV スクープ写真
  • ベントレー フライングスパーPHEV スクープ写真
  • ベントレー フライングスパーPHEV スクープ写真
  • ベントレー フライングスパーPHEV スクープ写真
  • ベントレー フライングスパーPHEV スクープ写真
  • ベントレー フライングスパーPHEV スクープ写真
ベントレーの最速4ドアサルーン、『フライングスパー』次期型に設定が確実視されているPHEVモデルを初めてカメラが捉えた。

捉えた開発車両は、右側の給油口とは別に左フェンダー後ろに充電口が見えるため、電動モデルであることは間違いない。予想されるパワーユニットは、ポルシェ『パナメーラ E-ハイブリッド』から流用される3リットルV型6気筒ターボチャージャー+電気モーターだ。

最高出力は462ps、電気モーターのみで約50kmの走行が可能となる。しかしハイライトは、『パナメーラ Turbo S E-ハイブリッド』から移植される4リットルV型8気筒+電気モーターで、最高出力は680psを発揮する。これはブランド最強PHEVとなる。

フライングスパー次期型は、2ドアの『コンチネンタルGT』と同じフロントデザインが用いられる。プラットフォームには、パナメーラと共有する「MSB-F」プラットフォームを採用し、ホイールベースが延長されることも確実。ベースモデルのパワートレインは、最高出力500psを発揮する4リットルV型8気筒ターボエンジや6リットルW12型エンジンがラインアップされると予想される。

ワールドプレミアは、早ければ2018年内だが、2019年3月が有力だ。同ブランド初のPHEVがSUV『ベンテイガ』に設定されたばかりだが、これで一気に電動化が加速しそうだ。

ベントレーのPHEV、第2弾は「フライングスパー」に…680馬力で2019年登場か

《子俣有司@[email protected]レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top