日産 アルティマ 新型を初公開!「Vモーション2.0」のモチーフ導入 | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

日産 アルティマ 新型を初公開!「Vモーション2.0」のモチーフ導入

日産自動車の米国法人、北米日産は3月28日、米国で開幕したニューヨークモーターショー2018において、新型『アルティマ』を初公開した。

自動車 ニューモデル
日産 アルティマ 新型(ニューヨークモーターショー2018)
  • 日産 アルティマ 新型(ニューヨークモーターショー2018)
  • 日産 アルティマ 新型(ニューヨークモーターショー2018)
  • 日産 アルティマ 新型(ニューヨークモーターショー2018)
  • 日産 アルティマ 新型(ニューヨークモーターショー2018)
  • 日産 アルティマ 新型(ニューヨークモーターショー2018)
  • 日産 アルティマ 新型
  • 日産 アルティマ 新型
  • 日産 アルティマ 新型
日産自動車の米国法人、北米日産は3月28日、米国で開幕したニューヨークモーターショー2018において、新型『アルティマ』を初公開した。

先代アルティマは2012年8月、米国市場に投入。日産の米国市場における主力ミドルセダンが、アルティマ。日本市場では『ティアナ』として導入されている車だ。

ニューヨークモーターショー2018で初公開された新型アルティマは、6世代目モデル。日産セダンの新たなグローバルデザイン言語を導入したのが特徴。とくにフロントマスクには、コンセプトカーの『Vモーション 2.0』のモチーフが取り入れられた。

新型アルティマのパワートレインには、ダウンサイズの直噴2.0リットル直列4気筒ガソリン「VCターボ」エンジンを設定。最大出力は248hp、最大トルクは37.7kgmを引き出す。このダウンサイズエンジンが、先代の3.5リットルV型6気筒ガソリン自然吸気エンジンを置き換える。

このパワートレインは、量産エンジンとしては世界初の可変圧縮比エンジン。可変圧縮比技術は、ピストンの上死点位置をシームレスに変化させるマルチリンクシステムを活用しており、最適な圧縮比に素早く変化する特徴を備えている。

日産 アルティマ 新型、ダウンサイズ「VCターボ」搭載…ニューヨークモーターショー2018で発表

《森脇稔@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top