VW トゥアレグ 新型、歴代初のPHV設定へ!モーターだけで50km走行可能 | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

VW トゥアレグ 新型、歴代初のPHV設定へ!モーターだけで50km走行可能

フォルクスワーゲンは、中国北京市で初公開した新型『トゥアレグ』に、プラグインハイブリッド車(PHV)を設定すると発表した。PHVの設定は、歴代トゥアレグで新型が初めてとなる。

自動車 ニューモデル
フォルクスワーゲン・トゥアレグ 新型
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグ 新型
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグ新型
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグ新型
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグ新型
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグ新型
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグ 新型
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグ 新型
  • フォルクスワーゲン・トゥアレグ 新型
フォルクスワーゲンは、中国北京市で初公開した新型『トゥアレグ』に、プラグインハイブリッド車(PHV)を設定すると発表した。PHVの設定は、歴代トゥアレグで新型が初めてとなる。

先代トゥアレグには、フォルクスワーゲン初のハイブリッド車が用意されていた。ガソリンエンジンは、アウディ『S4』用の直噴3.0リットルV型6気筒スーパーチャージャーで、最大出力333ps、最大トルク36.6kgm。モーターは最大出力47ps、最大トルク22.6kgmを発生する。エンジンとモーターのトータル出力は380ps、59.2kgmと強力で、0~100km/h加速6.5秒、最高速240km/hの性能を発揮した。

また、50km/hまでモーター単独での走行が可能で、アイドリングストップ機能や回生ブレーキ、EV走行モードも導入。欧州複合モード燃費は12.2km/リットル、CO2排出量は193g/kmで、欧州製の大型SUVとしては、最高レベルにあった。

なお、新型トゥアレグのPHVは、エンジンとモーターを合わせたシステム全体で367psのパワーを獲得。まずは中国市場に投入され、追って欧州市場でも発売する、としている。

VW トゥアレグ 新型、歴代初のPHV設定へ…システムパワーは367ps

《森脇稔@レスポンス》

関連記事

  • ポルシェ カイエン 新型にPHVを設定、プロトタイプの画像を公開
  • ポールスター1、先行予約受注を世界18か国で開始…600hpのPHVクーペ
  • ベントレー初のPHV、SUVの ベンテイガ に設定 …ジュネーブモーターショー2018で公開へ

編集部おすすめの記事

特集

page top