アストンマーティンのハイパーカー「ヴァルキリー」、1100馬力超えのサーキット仕様を公開 | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

アストンマーティンのハイパーカー「ヴァルキリー」、1100馬力超えのサーキット仕様を公開

アストンマーティンは3月6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2018において、ハイパーカーの『ヴァルキリー』(VALKYRIE)のサーキット専用車、「AMR PRO」を発表した。

自動車 ニューモデル
アストンマーティン・ヴァルキリー AMR PRO
  • アストンマーティン・ヴァルキリー AMR PRO
  • アストンマーティン・ヴァルキリー AMR PRO
  • アストンマーティン・ヴァルキリー AMR PRO
  • アストンマーティン・ヴァルキリー AMR PRO
  • アストンマーティン・ヴァルキリー AMR PRO
  • アストンマーティン・ヴァルキリー AMR PRO
アストンマーティンは3月6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2018において、ハイパーカーの『ヴァルキリー』(VALKYRIE)のサーキット専用車、「AMR PRO」を発表した。

ヴァルキリーは軽量構造のミッドシップ2シーターのボディに、新開発の自然吸気6.5リットルV型12気筒ガソリンエンジンを搭載。アストンマーティンとレッドブルレーシングのテクニカルパートナーシップによる成果として共同開発され、アストンマーティン特有のスポーツカーデザインと、レッドブルレーシングが持つ最先端のF1技術を融合させた1台となる。

ヘッドライトは、F1マシンのコンポーネントの純粋な機能からインスピレーション。アルミフレームにロービームとハイビームが組み込まれており、アストンマーティンの最も軽い市販車のヘッドランプよりも、30~40%軽く仕上げた。

インテリアでは、ドライバーは運転に集中するために、すべてのスイッチはステアリングホイール上に配置。ステアリングホイールは乗降性を引き上げる目的で、着脱式とした。

アストンマーティンはジュネーブモーターショー2018において、ヴァルキリーのサーキット専用車、AMR PROを初公開。6.5リットルV型12気筒ガソリンエンジンは、1100ps以上にまでパワーアップ。車両重量は1000kgまで軽量化され、エアロダイナミクス性能の向上により、1000kg以上のダウンフォースを獲得する。最高速は362km/h。25台のみを生産する、としている。
計画を公表している。

アストンマーティンのハイパーカー、ヴァルキリー に1100ps超のサーキット専用車…ジュネーブモーターショー2018

《森脇稔@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top