ブガッティ シロン がさらなる進化...ハンドリング性能が向上した「スポーツ」 | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

ブガッティ シロン がさらなる進化...ハンドリング性能が向上した「スポーツ」

ブガッティは3月6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2018において、『シロン・スポーツ』を発表した。

自動車 ニューモデル
ブガッティ・シロン・スポーツ
  • ブガッティ・シロン・スポーツ
  • ブガッティ・シロン・スポーツ
  • ブガッティ・シロン・スポーツ
  • ブガッティ・シロン・スポーツ
  • ブガッティ・シロン・スポーツ
  • ブガッティ・シロン・スポーツ
  • ブガッティ・シロン・スポーツ
  • ブガッティ・シロン・スポーツ
ブガッティは3月6日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2018において、『シロン・スポーツ』を発表した。

同車は『ヴェイロン』の後継車として、2016年春にデビューした「シロン」のさらなるパフォーマンスを追求した新グレード。ハンドリング性能を中心に、変更を施している。

車両重量は18kg軽量化。「ダイナミック・ハンドリング・パッケージ」では、サスペンションが引き締められ、「ダイナミック・トルク・ベクタリング」機能が備わる。ホイールと4本出しのエグゾーストは、シロン・スポーツ専用デザインとした。

ミッドシップに搭載されるパワートレインに変更はない。8.0リットルW16気筒+4ターボは、2ステージターボ化され、最大出力1500hp/6700rpm、最大トルク163kgm/2000-6000rpmを引き出す。トランスミッションは7速デュアルクラッチ「DSG」。駆動方式は4WD。

ブガッティは、イタリアのナルド・サーキットにおいて、シロン・スポーツのラップタイムを計測。シロン・スポーツはシロンに対して5秒、ラップタイムを短縮した、としている。

ブガッティ シロン に軽量ハンドリング仕様の「スポーツ」…ジュネーブモーターショー2018

《森脇稔@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top