ロングセラーの三菱デリカD:5、11年目の初フルモデルチェンジ!今度はPHEVだ | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

ロングセラーの三菱デリカD:5、11年目の初フルモデルチェンジ!今度はPHEVだ

三菱のロングセラー・ミニバン『デリカD:5』次期型プロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトGept-tw.infoのカメラが初めて捉えた。身も凍るスウェーデン北部でキャッチした開発車両からは、実にアグレッシブなフロントマスクが見て取れる。

自動車 新車スクープ
三菱 デリカD:5 新型スクープ写真
  • 三菱 デリカD:5 新型スクープ写真
  • 三菱 デリカD:5 新型スクープ写真
  • 三菱 デリカD:5 新型スクープ写真
  • 三菱 デリカD:5 新型スクープ写真
  • 三菱 デリカD:5 新型スクープ写真
  • 三菱 デリカD:5 新型スクープ写真
  • 三菱 デリカD:5 新型スクープ写真
  • 三菱 デリカD:5 新型スクープ写真
三菱のロングセラー・ミニバン『デリカD:5』次期型プロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトGept-tw.infoのカメラが初めて捉えた。身も凍るスウェーデン北部でキャッチした開発車両からは、実にアグレッシブなフロントマスクが見て取れる。

デリカD:5現行型は、2007年に『デリカ スペースギア』後継モデルとしてデビューして以来、10年以上に渡るロングセラーとして愛され続けているミニバンだ。『パジェロ』の車体を活かした本格的なSUV性能を持ち合わせるミニバンとして、唯一無二の存在感をいまだ放ち続けている。昨年10月には、新型の投入が正式にアナウンスされており、期待が高まっている。

捉えた開発車両は、車体前後にカモフラージュが施されているが、現行モデルとは大きく異る鋭く切れ上がるヘッドライト、大型フォグランプなど、三菱の最新デザイン哲学「ダイナミックシールド」コンセプトが見て取れる。またコンパクトなコの字型テールライトも確認出来る。

プラットフォームは自社オリジナルで開発され、ボディサイズは現行モデルとほぼ同じになるようだ。駆動方式はFFから後輪に駆動力を配分する「電子制御4WD」をベースにした「S-AWC」を採用し、オン・オフロードで高い走破性を実現する。

パワートレインは、2リットルガソリンエンジン、及び2.2リットルグリーンディーゼルエンジンなどが予想されるが、注目は『アウトランダー』から流用されるPHEVシステム搭載モデルの登場だろう。果たしてどうなるか。

三菱は2019年度までに11車種のモデルチェンジを計画しており、新型デリカD:5もこの中に含まれている。ワールドプレミアは2018年内となるか。

三菱 デリカD:5 新型、テスト車両をスクープ!「ダイナミックシールド」顔を確認

《子俣有司@[email protected]レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top