600ps超え...ポルシェ911ターボ次世代型、リアウィングなど最終デザイン見えた! | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

600ps超え...ポルシェ911ターボ次世代型、リアウィングなど最終デザイン見えた!

「992型」となる、ポルシェ『911』の高性能モデル『911ターボ』次世代型の最新プロトタイプをスクープした。これまで隠されていた市販型パーツを身に着けたボディから、最終デザインも見えてきた。

自動車 新車スクープ
ポルシェ 911ターボ 次期型スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボ 次期型スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボ 次期型スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボ 次期型スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボ 次期型スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボ 次期型スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボ 次期型スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボ 次期型スクープ写真
  • ポルシェ 911ターボ 次期型スクープ写真
「992型」となる、ポルシェ『911』の高性能モデル『911ターボ』次世代型の最新プロトタイプをスクープした。これまで隠されていた市販型パーツを身に着けたボディから、最終デザインも見えてきた。

フロントには、初めて採用されるデュアル・LEDデイタイムランニングライトバー、サイドにはブリスターフェンダー、リアにはスクエア・クワッドエキゾーストパイプ、エアアウトレット、そしてコンパクトになったリアウィングなどが確認出来る。これらは全て市販型最終パーツの可能性が高い。またリアウィング・ハイマウントストップランプやストリップランプの点灯も初めて捉えた。

次世代型には新世代のモジュラー・スポーツカー・プラットフォームを採用、トレッドの拡大が予想されている。パワートレインは、3リットル水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は540psから600ps超えへと一気に高められるとレポートされている。

コックピットには刷新されるステアリングホイールやシフトレバー、アナログタコメーターとデジタルクラスタを備えるデュアル・デジタルディスプレイを装備する。

ワールドプレミアは、911新型が3月のジュネーブモーターショー、「ターボ」は早くとも2018年後半となりそうだ。

600馬力超え...ポルシェ 911ターボ 次期型、最終デザイン見えた!

《子俣有司@[email protected]レスポンス》

関連記事

  • トヨタ史上最高額は確実…GRブランド初のスーパーカー、2020年発売か
  • 次期型アバントついに撮った!アウディ A6アバント、さらにロングボディに
  • BMW 7シリーズ は Sクラス、A8を追撃できるか…フルチェンジ級の大刷新へ

編集部おすすめの記事

特集

page top