ルーフが長~く、クーペ風に!アウディA6アバント次期型を初スクープ | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

ルーフが長~く、クーペ風に!アウディA6アバント次期型を初スクープ

アウディ『A6アバント』の次期型プロトタイプを、初めて撮影することに成功した。これまでスクープした次期型セダンと同様に、よりシャープな輪郭のLEDヘッドライトやワイド化されたシングルフレームグリルが確認出来る。注目はBピラー以降のボディ後部だ。

自動車 新車スクープ
アウディ A6アバント 次期型スクープ写真
  • アウディ A6アバント 次期型スクープ写真
  • アウディ A6アバント 次期型スクープ写真
  • アウディ A6アバント 次期型スクープ写真
  • アウディ A6アバント 次期型スクープ写真
  • アウディ A6アバント 次期型スクープ写真
  • アウディ A6アバント 次期型スクープ写真
アウディ『A6アバント』の次期型プロトタイプを、初めて撮影することに成功した。これまでスクープした次期型セダンと同様に、よりシャープな輪郭のLEDヘッドライトやワイド化されたシングルフレームグリルが確認出来る。注目はBピラー以降のボディ後部だ。

現行モデルよりルーフが伸びており、ホイールベースが延長されていることがわかる。

Dピラーの傾斜が強く、ルーフエンドがラウンドし、クーペ的なシルエットを実現しているのはアウディの「アバント」ならでは。テールライトは、セダンと異なる丸みを帯びたエッジを持つ専用デザインが与えられているのも見て取れる。また、大型化されたリップスポイラーや新エアダクト形状、サイドミラーの移動などにより、エアロダイナミクス性能も大幅に向上するはずだ。

インテリアを撮ることはできなかったが、最新世代の「アウディヴァーチャルコックピット」を採用することは間違いない。

パワートレインは、2リットル直列4気筒エンジン、3リットルV型6気筒エンジン、遅れてPHEVモデルがラインアップされるだろう。また最上位には、ポルシェ『パナメーラターボ』の4リットルV型8気筒エンジンを搭載する『RS6』が設定されるはずだ。

ワールドプレミアは、セダンが2018年3月のジュネーブモーターショー、アバントは少し遅れて秋以降が予想される。

次期型アバントついに撮った!アウディ A6アバント、さらにロングボディに

《子俣有司@[email protected]レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top