ソニー、「車の眼」を開発...次世代の車載向けイメージセンサーを初公開 | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

ソニー、「車の眼」を開発...次世代の車載向けイメージセンサーを初公開

ソニーは1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES2018において、新開発の車載向けイメージセンサーのコンセプトモデルを初公開した。

自動車 テクノロジー
ソニーの平井一夫CEO(CES 2018) (c) Getty Images
  • ソニーの平井一夫CEO(CES 2018) (c) Getty Images
  • ソニーの新開発の車載向けイメージセンサー
ソニーは1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES2018において、新開発の車載向けイメージセンサーのコンセプトモデルを初公開した。

この車載向けイメージセンサーは、完全自動運転社会の実現に貢献するために開発したもの。このイメージセンサーが、「車の眼」の機能を果たすことを目指す。

日常の様々なドライブシーンにおいて、自動車の周囲360°を状況認知する技術が求められている。ソニーのイメージセンサー技術は、人間の眼よりも早く、確実かつ正確に状況を捉えることを可能にするという。

ソニーはCES2018のソニーブースにおいて、人間の眼を超えるセンサーにより、将来的に目指す自動運転のビジョンを紹介。このイメージセンサーの可能性が体験できるデモンストレーションを行う、としている。

ソニー、新開発の車載向けイメージセンサーをCES 2018で初公開…完全自動運転向け

《森脇稔@レスポンス》

関連記事

編集部おすすめの記事

特集

page top