アウディR8は2020年で生産終了の情報!1000馬力のハイパーカーも幻に? | Gept-tw.info(スパイダーセブン)- gept-tw.info

アウディR8は2020年で生産終了の情報!1000馬力のハイパーカーも幻に?

自動車 ビジネス

R8 V10
  • R8 V10
  • R8 GT スクープ写真
  • R8 GT スクープ写真
  • R8 GT スクープ写真
  • R8 GT スクープ写真
  • R8 V10
  • R8 V10
  • R8 V10
アウディのフラッグシップ・スポーツ、『R8』が2020年にも生産終了という情報が入ってきた。2006年からアウディ高性能モデルを牽引してきたスーパーカーは、14年の歴史に幕が降ろしてしまうのだろうか。

レポートによると、販売面の低下やコストパフォーマンスの悪さが原因とされ、ランボルギーニ『ウラカン』後継モデルの登場が予定されている2020年を持って生産終了するという。また期待されていた最高出力1000psのハイパーカー、『スコーピオン』の開発も中止される可能性も高いようだ。変わってランボルギーニは好調のため、スーパーカーというカテゴリーでの役目をランボルギーニに集中させる考えなのかも知れない。

現行モデルとして「R8 GT」復活や、2.5リットルV型6気筒エンジンを搭載するエントリーモデルの噂があるが、これらが最後の派生モデルとなる可能性もある。

但し、アウディが展開する高性能ブランド「アウディスポーツ GmbH」は人気も高く、『RS4』『RS6』『RS7』を始めポルシェベースのEVスポーツ、『e-tron GT』などの新型モデルラッシュが控えているから未来は明るい。

また「R8」が生産終了した場合、フラッグシップモデルは新型SUV『Q8』に設定される『RS Q8』となる。
《Gept-tw.info 編集部》

編集部おすすめの記事

特集

page top